人間は◯◯が無いと、急に老け込んでしまう。。。

人間にとって『居場所が無い』という痛みは非常に苦しく、時に、犯罪をしてでも、それを取り去ろうとする人もいます。例えば、英語も話せず、正規の仕事につけず、仲間もいないアメリカの若者は、ためらいつつも、『自分の居場所』を提供してくれるからマフィアに入る事も多いと言われています。『自分の居場所はどこにある?』は、放置すると恐ろしい『居場所の無い痛みの解消』について、深く考える連載です。

ミクロな居場所内での役割

うまく回っているミクロな居場所のメンバーは、無意識であれ、それぞれが独自の担当役割を見つけています。役割とは、「周りから必要とされる際に必要なもの」のことです。共通の居場所に自分の役割がわからない人がいると、他の人はどのように接してよいのかわからない状態になります(先ほど述べた「選択肢が多すぎて自由すぎる状態」に)。

たとえば、居心地のよい居場所がある家庭では、親は子供に衣食住を保障し、生きていくために必要なことを教えるなどして、親として「子供を一人前に育てる」という明確な目的と役割をまっとうしています。しかし、そうでない家庭は、子供にとってはものすごく居心地が悪いものです。すると子供は、どうしたら親が親としての役割をまっとうしてくれるのかを無意識的に考え、親の気を引くために非行に走るなどの問題行動を通じて、子供の役割を過剰に演じることで親の役割を求めるのです。

このように親子それぞれの問題行動がなくとも、「家に居場所がない」と、家庭に居心地の悪さを感じながら育つ人も少なくはありません。時にそれが心の傷になり、アダルトチルドレンといわれるような状態になり、そのことが家庭生活の外でも影響を与えてしまうこともあります。

「本音で語ること」と「役割があること」は一見矛盾しているようですが、居場所に役割を果たさない人がいると、そこは居心地が悪くなってしまいます。共通の居場所メンバーが、それぞれ自分の役割を見つけることができ、実際に行動を起こすかどうかが実は重要なのです。

とはいえ、居場所での役割は、自分では把握しづらいものです。多くの人は無意識に役割を見つけるか、役割を見つけられずにトンチンカンな行動を取ってしまうものです。この状態をインプロで考えてみます。

即興で演じる際、偶然であっても無意識に自分の達成すべき目的が明確になり、役割がわかったときには魅力的な演技になります。しかしそうでなければ、何もできないだけでなく、舞台上で浮いてしまうのです。偶然や運頼みではなく、安定して魅力的な即興演技ができるようになるには、お題に忠実な役割を自覚的に見つける力をつけるしかありません。そのためにも居場所での役割について自覚的になる能力を養えるように、いくつかの例を紹介します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

『居場所の無い』痛みは、コミュニケーションで何とかできる!

この連載について

初回を読む
自分の居場所はどこにある?

渡辺龍太

人は居場所が無いと、とにかくツラい。人によっては、ホストクラブに大金を貢いだり、犯罪に手を染めたり、あるいは、自殺する人もいる。その痛みを解消するために、参考になるのが『即興演劇論』だ。即興演劇の世界では、役者は台本も無いのに舞台に立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SetunaHearts #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yawa_holidays なるほど。 ◼人は自分が必要とされている居場所に、とても強い居心地のよさを感じます。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite