タイ最大のスラムで遭遇した「茹ですぎピーナッツ」事件

旅行作家・丸山ゴンザレスさんが、2013年から編者として携わり続けてきた『海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)シリーズ。先日刊行された『海外旅行最強ナビ 最新版』には、現代の旅人に役立つ情報がぎっしり詰まっています。
今回は、『海外旅行最強ナビ 最新版』にコラムを執筆した室橋裕和さん、髙田胤臣さん、丸山さんの3名が登壇したイベントの様子を特別公開いたします。
第2回目は、丸山さんと髙田さんが、バンコクの刑務所取材に向かう道中で遭遇した事件についてご紹介!

ガリガリの女性に「TAKO」の袋を渡されて…

丸山ゴンザレス(以下、丸山) 先日、髙田さんと一緒に、バンコクにある刑務所の取材に行ってきたんです。その途中、クロントイスラムに寄ってきました。

髙田胤臣(以下、髙田) チャオプラヤ川沿いにある、タイ最大といわれるスラムですね。スラムの中でも貧富の差があって、その日の食べ物にも苦労する世帯がある一方で、ゴールデンレトリバーを飼っているようなお金持ちの家もあります。

室橋裕和(以下、室橋) そこを選ばなくていい人たちも住んでいるっていうことですよね。クロントイスラムには、なぜ寄ったんですか?

丸山 『暁に祈れ』っていう映画のPRの仕事でバンコクに行っていて、現場を取材している様子を映像に残したかったんです。髙田さんには通訳をお願いして、もう一人、明石さんという方に映像を撮ってもらいました。

髙田 せっかくスラムに来たので、食レポでもしようという話になって。屋台で売っている串焼きを買って食べるシーンを撮影しようとしていたんですよね。

丸山 そうそう。ところが、明石さんがカメラを構えて「よーいスタート!」って言った瞬間に、すごいガリガリの女性が僕のほうに近づいて来たんです。それで、「TAKO」と書かれたスナック菓子の袋を僕に手渡してきたんですよね。

髙田 あの袋、歯で食いちぎった跡がありましたね。

丸山 女性が持っていたビニール袋の中には、茹でたピーナッツがたくさん入っていて、僕に手渡したTAKOの袋の中に、そのピーナッツをどんどん詰めていくんですよ。詰めながら「食え、食え」って勧めてくるので、その場でピーナッツを食ったら、満足したのかどこかに立ち去って行ったんです。

髙田 どう見てもヤク中でしたね。

丸山 動きも、言葉遣いもおかしくて。あのとき、僕だけじゃなくて、髙田さんもピーナッツをもらったじゃないですか。髙田さんは家に持って帰って、家族におやつとして振る舞ったんですよね?

髙田 いやいや(笑)。家に着いてから、駐車場のゴミ箱に捨てましたよ。

丸山 食べてくださいよ! 何で僕だけ食ってるんですか。女性が立ち去った後、振り返ったら、髙田さんも明石さんもドン引きして見てましたよね。

髙田 絶対に食っちゃいけないやつですよ。躊躇せずにボリボリ食うから、すごいなと思って後ろで見てたんですけど……。怖かったですね、あれは。おいしかったですか?

丸山 茹で過ぎのピーナッツで、すっげーマズかったです。あんな芯のないピーナッツ、食えないですよ。

髙田 いつ茹でたのかもわからないし……。

室橋 シンナーの入ったお湯で茹でてるかもね。

丸山 ヤーバー(メタンフェタミンやカフェインを混ぜて錠剤にしたタイの麻薬)を混ぜているかもしれないとは思いましたね。あの人、おそらくヤーバー中毒だと思うんですよ。今回は友だちが同行しているから大丈夫だと思ってたのに、誰も助けてくれないんだもん。

室橋 薬物中毒の人がいるっていう話はよく聞くけど、実際にクロントイスラムに行っても、意外と出会うことはないですよね。そういう人たちは、家に引きこもっているから。

丸山 だから、けっこう気を抜きがち。でも、今回みたいに薬物中毒者を目の当たりにすると、「やっぱりそういう場所なんだな」と緊張感が戻ってきますね。

恋人から囚人へ…読まれなかったラブレター
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自分流の旅をデザインするなら必ず役立つ!

旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ【最新版】

丸山ゴンザレス&世界トラベラー情報研究会
辰巳出版
2018-11-21

この連載について

初回を読む
旅の賢人たちが教える、本当におススメしたい最新&最強の旅行先

丸山ゴンザレス

旅行作家・丸山ゴンザレスさんが、2013年から編者として携わり続けてきた『海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)シリーズ。先日刊行された『海外旅行最強ナビ 最新版』には、現代の旅人に役立つ情報がぎっしり詰まっています。 今回は、『海外旅...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません