胎盤を食べたら、母になる覚悟が決まった

元相方の千春からのメッセージに、ほんの少しだけ良心が疼く晶。しかし、それよりも感じたのは、母になった自分と千春との違いだった。

<前回>

出産直後の晶のもとに届いたメッセージには「千春」という見慣れた文字があった。

【晶、久しぶり。元気にやっとる? そろそろ子ども産まれるんじゃないかと思って】(千春)

返信しようか迷ったけれど、晶は、さっき撮ったばかりの友介の写真と一緒にこう送った。

【今度はサルを相方にして沖縄で漫才はじめます! コンビ名は、ユースケ・チャントセイヤ。ウキキ】(晶)

【え? もう生まれたん?】(千春)

【うん、ちょっと予定日より早まってね。でも、さっき生まれたばっかりよ。だから、一番最初に伝えたのは千春だよ】(晶)

【やっぱり、元相方だからね、虫の知らせかな】(千春)

千春とは、4年大阪で寝食を共にして、漫才界で頑張った仲だ。

虫の知らせが存在するのかはわからないけれど、まだ何か通じ合うものがあるのかもしれない。

ただ、晶には千春には後ろめたさがあった。友介の父親は、おそらく千春の婚約者だからだ。

……もちろん、千春は知らない。

【そっちはどう? もう結婚式したの?】(晶)

【ううん。まだ準備も終わってない。なんか彼がバリ島で挙げたいとか言ってて。沖縄もいいかな、と思ったんだけど、彼が一生に一度って言うから、バリにしようかなって】(千春)

【そうなんだ。おめでとう】(晶)

【沖縄だったなら晶にもきて欲しかったんだけどね】(千春)

バリ島で結婚式挙げたいなんて、そんなベタなこと、お笑いを目指した人間のいうセリフか、と思ったけど、シラフの女なんて、所詮、夢見る少女と何も変わらない。

(あほらし)

それから3往復くらい近況報告をして、晶は千春とのやり取りを終えた。

スカイブルーの背景に浮かんでいる千春のメッセージを眺めると、千春は私とは別の世界に行ってしまったように思えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 胎盤食べるって知らなかったから、、びっくりした(°ω° ) 約1ヶ月前 replyretweetfavorite