うつとつきあいながら生きる人たち

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

うつとつきあいながら生きる人たち

Cさん(男性、50代)の場合

 Cさんは、対人関係が上手ではない人です。自衛隊のある部署で、職場全体を見て統括する立場にいましたが、この人も頑張りすぎてうつになりました。
 100キロマラソンやトライアスロンに出場する屈強な男の人で、「趣味は自分をいじめること」みたいな人です。
 その人が、定年4年ぐらい前に初めてうつになって、「ぼく、なんでうつになったのかわかりません」という感じで私のところへ来ました。
 真面目なので、言われた通りに休むし、お休み中でも週に1回はカウンセリングに来てくださいと言うと、それをきっちり守る人です。
 毎日毎日気づいたことについて話していき、もう少ししたら出勤を始めてもらいますよと言ったら、こう言い出しました。
「ぼく、気づいたことがあるんです。ぼく、今まで勤めたんだけど、自衛隊は向いていないとずっと思っていました。ぼくのやりたいことは、これじゃなかったんです」
 三十何年、自衛隊に勤めていた人がそう言うのです。
「わっ、すごい発想になりましたね。それで何になりたいんですか」
「料理が好きで、子どもが好きなので管理栄養士になりたい。子どもを食育する人になりたいです」
「なるほど、なれると思いますよ。そうなるためにはどういうハードルがあるんでしょうね。そこに目標を決めて、バックキャスティングでやっていきましょう」
 ということで、

◦管理栄養士になるには、栄養士の資格を取る必要があるので、短大に行く
◦短大に行くには、自衛隊を辞める
◦自衛隊を辞めるには、職場の上司に相談する

 そんなマトリックスを作って、順番にやっていこうという話になりました。
 奨学金などについても、自分のわかる範囲で情報を提供しました。
 本人は、「今までの勤務実績があって退職金もほどほど出るので、苦しいけれどもなんとかなるし、家族にはそう言います」ということで、実行に移して、今は本当に栄養士さんになっています。
 Cさんも、イヤな気分がたまに出てきます。うつ気質というより真面目なので、社会の不条理にぶつかると煮詰まってしまうのです。
 そのたびに私と話をして、「そうですよねえ、いやいや、言ってもしょうがないと言われるのはわかっているんですが、スッキリしました」と帰っていきます。
 真面目なのは悪いことではないので、イヤな気分になってもその都度「自分って真面目なんだな、不器用なんだな」と、今の自分を確認できれば大丈夫だと思います。
 私はいつもCさんにこう言っています。
「弱かったり不器用だったりでもいいんです。だから人は手を差し伸べようと思うし、だから仲間になってみんなで支え合おうと思うんだから、ラッキーじゃないですか。また、そこにたどり着いたんですね。何回も楽しめばいいんですよ」

Dさん(女性、30代)の場合

 Dさんは主婦で、ご主人がアルコール依存症です。彼女はいろいろと苦労して、今でもイヤな気分とつきあっています。
 Dさん自身は、ちょっと空気が読めなかったり、私と似ているところもある人です。そのために片づけが上手でないとか、思いついたらダーッと行動するようなところがあって、それで失敗することもあります。
 その上、小さい頃から「バカだ、バカだ」といじめられていた経験があるので自信がなく、自分は知的に弱いと思ってきたのです。
 対人関係に関しては、「一回もお友だちができたことがない」とのことでした。
 その人には、コラージュ療法で自分と向き合ってもらいました。
 広告などを見て、ピンとくるものがあれば切り取って、それを紙の上に自分なりに並べてみて、「これが一番心地いい」と思えるように貼ってみるというものです。
 これをずっとやりながら自分自身と向き合って、自分に関する発見をしていくということを続けてもらったのです。
 すると、だんだんDさんに自信が湧いてきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomimonocom 「「自分って真面目なんだな、不器用なんだな」と、今の自分を確認できれば大丈夫」 元自衛隊の臨床心理士・玉川真里さんの連載「イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ」 第31回「」を公開! https://t.co/j4WMP6MnVF 24日前 replyretweetfavorite

KojiHarada1965 私も二十数年プログラマー~システムエンジニアとして勤めた末、退職したけど結局むいてなかったなぁ。そこから何か進展してる気もしない。 > 24日前 replyretweetfavorite

mochimurasaki ”今の自分を確認できれば大丈夫”ってよい事ですね~→ 24日前 replyretweetfavorite