生命式

本能だのなんだの、皆、おかしいよ。そう思わない⁉」

センターでの出産のため、休暇を取っていた女性が復職した。彼女へ向けられた職場の後輩たちの発言に、どうしても引っかかってしまった池谷は、月曜から山本を飲みに付き合わせ…

『コンビニ人間』で芥川賞を受賞し、世界的な注目を集める村田沙耶香の最新短編集『生命式』より、表題作「生命式」を全文公開。脳を揺さぶるかつてない読書体験を約束します!

「おはようございます」
半月ぶりに出社した女性が、拍手で迎えられた。
センター出産で休暇を取っていた女性が復帰したのだ。彼女は36歳で、3回目の出産だった。
「センターで胎児を出してきたんでしょ?」
「うん、センターで出して、そのまま預けてきた。疲れたあー」
「ありがとう」
「お疲れさま、ありがとう」
胎児を出した人に、皆人類の一員としてお礼を言う。女性は嬉しそうに、感謝の花束を受け取った。
センターの子は、誰かの子ではなく人類の子として大切に育てられる。整えられた設備の中で、5人の子供に対して1人のカウンセラーがついてケアしていくという。
私は恋人と受精したことはあるが、妊娠に至ったことはないので、彼女のようにたくさん産んでいる人を見るとほっとする。私も人類の一員として、自分と同じ生物が存続することを望んでいるのかもしれなかった。
感謝の花束を受け取った女性が、席につきながら話した。
「私、普段もしょっちゅう恋人と受精してたけど、妊娠は3回とも生命式での受精なの。不思議よね。生命式って、妊娠する確率高いわよねえ」
「うわあ、神秘的」
後輩の女の子がうっとりと言う。
「でもなんか、わかる気がするう。人肉って、特別な感じがするよね。神聖な気がするし、美味しいし」
「わかるー。人肉を食べたいと思うのって、人間の本能だなあって思うー」
おまえら、ちょっと前まで違うことを本能だって言ってただろ、と言いたくなる。本能なんてこの世にはないんだ。倫理だってない。変容し続けている世界から与えられた、偽りの感覚なんだ。
「どうしたの? 真保先輩。怖い顔してるう」
私は「そんなことないよ」と低い声で言い、お茶を一気飲みした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

今や世界が大注目!芥川賞作家・村田沙耶香自身がセレクトした12篇。文学史上、最も危険な短編集!

生命式

村田沙耶香
河出書房新社
2019-10-16

この連載について

初回を読む
生命式

村田沙耶香

「夫も食べてもらえると喜ぶと思うんで」…葬式と違い、国の補助が出る生命式。生命式とは、死んだ人間を食べながら、男女が受精相手を探し、相手を見つけたら二人で式から退場してどこかで受精を行う式で……。 『コンビニ人間』で芥川賞を受賞し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aomra_00 やっぱり村田沙耶香さんが好きだ。 約1年前 replyretweetfavorite