“家族外カゾク”としてのヤンキー、V系、そして韓流

20年ほど前、ネット上には「華族様」という文化がありました。顔の見えない誰かと疑似家族の誓いを交わすというもので、主に「バンギャ」たちの間で流行っていたようです。牧村さんはそんな「家族外カゾク」に想いを馳せて、周囲の望むようには上手に「家族」をやれないひとたちが生きる社会について考えます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「華族様」という文化をご存知だろうか。

ゼロ年代、ガラケー時代のSNSのはしり、「前略プロフィール」で流行していた文化だ。自分のプロフィールを記入し、自分のネット上での名前を名乗り、そして、同じようにしている遠くの誰かと疑似家族の誓いを交わす。それが「華族(かぞく)」。イメージ的にはこんな感じだ。

vvv愛方vvv
戀華-RenKa-
ドSでヘタレな可愛ぃ愛方(殴
since2003/7/7xxx

ぉ姉様ο
紫月晶-シヅキ アキラ-sama
中性池様vてか、美人様?
素敵すぎて管理人からナムパしました(゚∀゚)アヒャ←変態

華族の誓いを交わした相手と相互リンクを貼ることで、互いが華族であることを、アピールしつつ、確認し合う。お察しだろうが、太宰治の「斜陽」とかに出てくるような日本史上の「華族」とは全く関係がない。「愛方」は「相方=恋人」、「池様」は「イケメン様」のこと。教科書的日本語をバキバキに破壊しつつ、華族たちは……多くはヴィジュアル系文化で育つ、いわゆる「バンギャ」たちは、語り合う。ガラケー画面越しに。大人にはわからない言葉で。

あなたには、そんな人がいただろうか?

公的になんの絆もないけれど“カゾク”、そんな人が、いただろうか?

わたしには、いなかった。
欲しくないもん、って、唇を噛んでた。
要するに「死にたい」という内容の歌詞を叫ぶヴィジュアル系バンドの曲ばかり聴いて、イヤホンで両耳を塞いでいた。
「もう何も欲しくない」
「僕にカミソリを!」
そういう中学生だった。

大人になった。

元ヤンの店で飲んだ。

「いやー、わかるわかる。それって俺らにとってのさ、尾崎っしょ?」

尾崎豊とヴィジュアル系をカジュアルに並べられたけどただ笑うだけ。わたしは、大人になった。ただ好きなバンドが違うだけでいがみ合うという神宮橋での抗争は遠くなった。夜の校舎窓ガラス壊して回ったのかもしれない彼は今、自分の店のバーボングラスを、大事に磨く大人になった。多分、納税している。自営業だから確定申告してる。で、住民税払ってるんだろう。それは今、この街の公立中学校の窓ガラス修理代になっているんだろう。神宮橋はもはや黒くなくカラフルポップで、文化庁もご注目のクールジャパンっぷりである。Kawaii〜。

つまらねえと思っていた大人ってやつにわれわれもなったみたいで、合法的飲酒ができてしまう。

チリン。

バーの入り口の鈴が鳴った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makimuuuuuu ゼロ年代前略プロフィール民だった人の「華族様」文化の話です https://t.co/ILI6CZg5ZL https://t.co/n54kWO9Xfp 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

c___v おもろいw クソうらやましいw 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

mmeeeemm |牧村朝子 @makimuuuuuu |ハッピーエンドに殺されない あったなぁ、V系の華族文化。とても苦手だったけども。 https://t.co/BhtqZRdnCR 約2ヶ月前 replyretweetfavorite