育犬ノイローゼ

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、旦那様に懇願されて飼った2匹のワンちゃんとの壮絶なエピソードについて。

結婚して2 年が過ぎた頃、やっと新生活も落ち着いてきたからでしょうか、夫が「犬を飼いたい」と言い出しました。

「え!? 猫しか飼ったことないから、私飼い方わからへんわ」。

「大丈夫! 僕んちはずっと犬を飼ってたから。任せて!」

ほんまかなあ・・・任せてと言っても夫は忙しいんやから結局世話するんは私になるような・・・。

とりあえず、どんなものか見に行ってみようということで、当時住んでいたマンション近くのペットショップへ。

居ました居ました! 子犬達!!

「赤ちゃんは誰かにお世話をしてもらわないと生きていけないから、人間も動物もみーんな、可愛らしく出来ている」と聞いたことがあります。

ほんとにその通り! どの子も(もう子って言ってるし)めちゃくちゃ愛らしい❤

はっきり言って猫派の私でしたが、一気に「わわわわわー❤❤❤❤❤!」と犬派に転向し、なかでもスヌーピーのモデルになったというビーグル犬の赤ちゃんに釘付けになりました。

他の柴犬や、当時大ブームとなっていた、ミニチュアダックスフンドと一緒に、大きなゲージのなかで遊んでいる赤ちゃんビーグル2匹!

そう、2匹、居たのです。

「この子達は、5匹で生まれたうちの2匹なんですよー。」と店員さん。ということは、兄弟(正確には姉妹)、生まれた時からずっと一緒にいるのですねー。

ゲージのなかでも2匹は常にくっついて遊んでいます。

まだ20 代だった乙女な私、
「こんなの、引き離せるわけがないわ!(なぜか急に標準語)2匹とも、連れて帰ります!!」

・・・・・・。今思うと、犬を飼うこと(生き物と暮らすこと)の責任の重大さ、お世話の大変さなど何もわかっていませんでした・・・アホやん・・・。仲良しの2匹

そして始まる2匹の子犬との壮絶な格闘、育犬ノイローゼの日々・・・。

まず、ビーグルという犬種。

見た目の可愛さとは裏腹に、非常にやんちゃで大食漢のため、どちらかと言うと、上級者向けの犬種なのです。

そして多頭飼いの場合、それぞれの犬種の大きさや性格などを考えて、まずは1匹飼って、その子が十分におうちに慣れてから(躾が出来てから)、次を飼うという常識も何も知らず・・・。

お顔が可愛い❤とか、引き離せないわ❤などと乙女チック(表現が昭和)になって一気に連れて帰ったりするものでは決してないのです。

トイレの躾がなかなか入らないのは当然のこと(粗相があってもどちらがしたかわからず怒れない)、留守中大き目のゲージに2匹を入れておいても帰って来たら、ゲージを2匹で協力して倒壊し(こういう時だけ賢い)、飛び出してきているのは当たり前・・・。


2匹を連れてお引越し
これを機にペットOK の賃貸テラスハウスへ引っ越しまでしていましたが、あっという間に新築物件の壁に穴が掘られました。

聞けば元々兎狩りの狩猟犬らしく・・・そんなとこに兎はおらんよ・・・。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。 最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始!...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません