配車アプリ大乱戦!

タクシーと運命共同体──Uber

【インタビュー】
配車アプリのキーマンに聞く 激戦を勝ち抜くための秘策は?
トム・ホワイト(Uberジャパン モビリティ事業ゼネラルマネージャー)

 ライドシェアの話が取り沙汰されますが、米国などと異なり、日本でライドシェアをやる気は全くありません。タクシー事業者とは、運命共同体です。

 いまも、日本各地のタクシー事業者の方に直接会って話をしていますが、私たちの姿勢に対して前向きに評価してもらえていると思います。

 表層的な言葉を並べるよりも、行動で示す方が分かりやすい。これまで兵庫・淡路島や名古屋、大阪でタクシー配車の取り組みなどを行ってきましたが、こうした実績を基に、信頼を得ていきたいと思っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/16号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-02-09

この連載について

初回を読む
配車アプリ大乱戦!

週刊ダイヤモンド

タクシー配車アプリが激戦のさなかにある。最大手のジャパンタクシーを筆頭に、ディー・エヌ・エーや、中国・滴滴出行、米ウーバーなどの外資勢が2018年に一斉にタクシー配車に乗り出した。一方で、規制や慣習に縛られるタクシー業界の課題も浮き彫...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード