配車アプリ大乱戦!

アプリ連携で差別化──MOV(DeNA)

【インタビュー】
配車アプリのキーマンに聞く 激戦を勝ち抜くための秘策は?
中島 宏(ディー・エヌ・エー オートモーティブ事業本部長)

 昨年末に行った「0円タクシー」キャンペーンは、狙い通りの成果でした。特徴的なのは、東京でしかやっていないのに、知名度が上がって神奈川の実車数が爆発的に伸びたこと。しかも、ほとんどが普段タクシーを利用していない人です。

 タクシーがまだ“ぜいたく品”と思われている中で、配車アプリによって利用者の裾野を広げられるという証明になった。これは事業者にとってもメリットですよね。

 定額型やロイヤルカスタマー向けプランといった料金体系の多様化も考えていますが、いろいろチャレンジをしていきます。もちろん、合法的に。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/16号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-02-09

この連載について

初回を読む
配車アプリ大乱戦!

週刊ダイヤモンド

タクシー配車アプリが激戦のさなかにある。最大手のジャパンタクシーを筆頭に、ディー・エヌ・エーや、中国・滴滴出行、米ウーバーなどの外資勢が2018年に一斉にタクシー配車に乗り出した。一方で、規制や慣習に縛られるタクシー業界の課題も浮き彫...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード