俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

花魁衣裳×忍者! 浅草に誕生した“時代劇気分”に浸れる夜の新名所

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!


 盛り上がるラグビーW杯。スタジアムに向かう電車内でビールを飲みまくるオーストラリア人集団に遭遇し、来年の東京五輪のときにはキャバクラ案内の裏営業でもしようかと妄想するスパムです。

 さて年々活性化しているインバウンド需要。東京の観光地・浅草にはタピオカ店と同じぐらいのスピードで、着物レンタル店も増えているとか。そんなわけで夜の街にも日本ならではの和テイストを取り入れたお店が登場してきているが、浅草の地では花魁と忍者がコラボしたという謎の店が誕生。早速、足を運んでみた。

妖艶な花魁ムスメと忍者姿で飲み明かせ

 今回、訪れたのは今年8月にオープしたBARラウンジ「暁月」だ。浅草駅から浅草寺を抜けて徒歩10分ほど歩いて到着。店内は趣のあるお屋敷のようなつくりでモニターには富士山が映し出されている。独特な雰囲気のなかで「お殿様、いらっしゃいませ」と花魁の毛利ちゃん(21歳)が登場。豪華な着物は、問屋から仕入れたもので一着数万円もするとか。

元ジャズシンガーという毛利ちゃん(21歳)。コスプレ系カフェの元店員など10人が在籍。福利厚生で英会話も習っているんだとか

毛利「着付けができるスタッフさんがいるので、営業前に着付けてもらっているんです。表に立って通りを歩いている男性に手招きしてると、怪しがられますね(笑)」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード