配車アプリ大乱戦!

タクシーの旧弊が邪魔をする 日本の「MaaS」シフト

配車アプリもタクシーを配車するだけでは生き残れない。MaaS化が進む中でモビリティプラットフォームへの転身を狙うが、硬直したタクシー業界のままでは、革新は進まない。

 日本では市場が誕生したばかりの配車アプリ。だが、各社は既にタクシー配車の次の世界を見据えている。MaaS(移動のサービス化)である。

 MaaSとは、電車やバス、タクシーといった複数の移動手段をワンストップで提供する概念を指す。MaaSのプラットフォームを押さえれば、膨大な移動データや顧客基盤を直接握れることから、各社がこの覇権を狙っている。


拡大する

 実際に、海外では既に競争が始まっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/16号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-02-09

この連載について

初回を読む
配車アプリ大乱戦!

週刊ダイヤモンド

タクシー配車アプリが激戦のさなかにある。最大手のジャパンタクシーを筆頭に、ディー・エヌ・エーや、中国・滴滴出行、米ウーバーなどの外資勢が2018年に一斉にタクシー配車に乗り出した。一方で、規制や慣習に縛られるタクシー業界の課題も浮き彫...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード