谷口真人(アーティスト)→高橋智隆(ロボットクリエイター) Vol.2「どうやってデザインしているのですか?」

今回のインタビュアーは、アニメ少女のモチーフを独自の手法で表現したペインティング、映像インスタレーションなどの作品で注目を集めるアーティスト、谷口真人さん。その谷口さんがインタビュー相手として指名したのは、日本を代表するロボットクリエイターとして、オリジナル作品から企業との共同プロジェクトまでさまざまな仕事を展開し、各メディアからも引っ張りだこ状態の高橋智隆さん。三次元と二次元、物質とイメージなどの狭間に生じるものを作品テーマに据えてきた谷口さんが、物質としてのロボットを作り続けてきた高橋さんに、いま聞きたいこととは?

どうやってデザインしているのですか?

Q. 高橋さんは「鉄腕アトム」に影響を受けているということですが、ロボットのデザインをする際にもアトムをモデルにしているところがあるんですか?

高橋:直接的なモデルというわけではないですが、「アトム」も含め、色んなものから影響は受けていますね。例えば、たまたま見つけた海外の絵本の配色とか、あるモーターショーで見たコンセプトカーのヘッドライトの造形とか、そういうものからインスパイアされることもありますね。

Q.デザインのイメージは、作り始める段階で明確に固まっているんですか?



高橋
:いや、作りながら考えていく感じですね。ロボットの中には、色んな部品やモーターなどがあって、技術的な制約が凄く厳しいんですね。例えば、僕よりも可愛らしいロボットのキャラクターを描ける人はいくらでもいますが、それをその人が形にすることは不可能ですよね。僕の強みは、ロボットの外側と内側の両方考えながら、干渉する部分の最良の妥協点を見つけられることだと思います。デザイン、コミュニケーション、機械の全部をやらないといけないというのが、この分野の難しさでもあるんです。

Q. 高橋さんがひとりでロボットを作り続けている最大の理由は何ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード