見知らぬ他人に親切な人々

前回の記事で、寛容なマレーシア人は、他人をあまり見ていないとお伝えしました。しかし、その一方で、マレーシアでは見知らぬ他人を助ける人が多く、それが社会全体の居心地のよさに繋がっているようだとマレーシアに長期滞在中の野本響子さんは話します。

マレーシアの居心地の良さってなんなんだろ?とよく考えます。言われてるほど治安も大して良くないし、東京よりずっと不便。最近ではビザも厳しくなりました。

なのになんとなく、「周囲の人がみんな味方」に見えてしまうことがあります。

昨日、中学生の子供が財布を忘れて出かけて行きました。

帰ってきて、「お昼ご飯、どうしたの?」と聞いたら、「実は……言いにくいことが起きて」とモジモジしています。

スーパーのレジで会計したら、財布がない。カバンをガサガサ探していたところ、近くで見ていたマレーシア人女性がさっと支払いをし、そのまま去ってしまったと。あまりのことに、お礼を言う暇もなかったんだよ、と。金額は7リンギット(200円弱)。

もうお金も返せないし、お礼もできない。困ったなー、と思ったのですが、「次に誰か困っている人を見たら、その人を助けよう」と話し合いました。


親切さのハードルが低い

マレーシアでは、こういうことが実によくあります。
困っていると、ホントにさっと手が差し伸べられるというか。
重い荷物を持って階段登ってると、持ってくれる人が現れます。

いえ、日本人もマレーシア人も、一人一人の親切さは多分変わらない。
けれど、その親切さがここではむちゃくちゃカジュアルです。
前回書いたように他人を見ていないのにも関わらず、「他人を助けるマレーシア人」「他人とは距離を置く日本人」って感じです。

マレーシアのあるメディアの調査によれば、駐車場の券売機でお札が入らなくて困っている人を見かけたら、お金をあげる人が大多数(96パーセント)なのだそうです。実は私も一回、駐車場でお金がなかなか入らず困っていたら、後ろの人に1RM札(30円弱)をもらったことがあります。最初はびっくりしましたが、この調査を見て「あ、この国では普通なんだ」と気づきました。

レストランで食事していると、よく物売りや演奏をして「お金をください」という人、寄付を募る人がやってきます。そして見ていると、知り合いのマレーシア人たち、よくこういう人たちにお金を気前よくあげるのです。私もその習慣が身につきました。

あるムスリムの友人は、「これからラマダン(断食の月)だから良いことをさせて」と言いながら、私にご飯をご馳走してくれたことすらあります。


助け合う国に来て感じたこと

マレーシア人は世界的によく寄付をする人たちなんだそう。
しかも見知らぬ人を助けることが多いという調査結果があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

らくに生きるヒントがいっぱいの野本響子さんの最新刊はこちら!

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamapochi0531 大阪に住むようになり、見知らぬ人を助けるのが当たり前になった。困っている人を見たらお互いさまの精神。自分がしたいから親切にするだけ。気負いがないから楽。 https://t.co/NVNpaMjUDU 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kazubo1  駐車場の券売機でお札が入らなくて困っている人を見かけたら、お金をあげる人が大多数(96パーセント) 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

pallmalld という文化の中で何年か生活したからNPO始めようって思ったってとこはあるな、うん。 他人を助けるマレーシア人、他人とは距離を置く日本人|野本響子 @mahisan8181 | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

s_ppororo マレーシア少し住んでみたくなった☺️ 他人を助けるマレーシア人、他人とは距離を置く日本人| 約1ヶ月前 replyretweetfavorite