谷口真人(アーティスト)→高橋智隆(ロボットクリエイター) Vol.1「ロボットを作る動機は何ですか?」

今回のインタビュアーは、アニメ少女のモチーフを独自の手法で表現したペインティング、映像インスタレーションなどの作品で注目を集めるアーティスト、谷口真人さん。その谷口さんがインタビュー相手として指名したのは、日本を代表するロボットクリエイターとして、オリジナル作品から企業との共同プロジェクトまでさまざまな仕事を展開し、各メディアからも引っ張りだこ状態の高橋智隆さん。三次元と二次元、物質とイメージなどの狭間に生じるものを作品テーマに据えてきた谷口さんが、物質としてのロボットを作り続けてきた高橋さんに、いま聞きたいこととは?

ロボットを作る動機は何ですか?

Q. 普段僕は人の存在を、半分イメージのようなものとして受け取っているところがあるんですね。例えば、同じ人と会って話す場合と、メールでやり取りする場合のどちらにしろ、物体としてその相手を捉えているというよりは、もう少しイメージ的な存在として見ている感覚があるんです。そうした感覚は自分の作品にも反映されていると思うんですが、一方で物質としてのロボットにこだわり、制作されている高橋さんには凄く興味があるんです。

高橋:僕はモノフェチなんですよ。工業製品が好きだし、それを所有して眺めることが楽しくて、さらに気に入らないところは自分で改造したりもする。例えば、いま僕が所有している車は、すべて色を塗り替えています。それはもとの色が気に入らないからで、自分で塗り替えることを前提に車を買ったりするんです。

Q. モノを集めることが好きなんですか?

高橋:いえ、いわゆるコレクターではないんです。コレクターの場合は、例えば特定のキャラクターが描かれているモノであれば何でも収集すると思うんですが、そういうことではないんですね。車だったら何でもいいわけではなく、これじゃないとダメだというのがあるんです。自分がロボットを作っているのもそれと同じで、自分が欲しいものを作って所有したいからなんですよ。人によっては作ることだけに興味があり、その後は捨ててしまったり、次作の材料にするような人もいるけど、僕は手元に置いておきたいんです。欲しいものがないから作っているだけで、はじめからあるならわざわざ作らないし、自分で作るメリットは、自分の理想のモノになるということくらいなんです。

Q. 逆に僕はモノに対する執着があまりないんです。だから人のことも物体として捉えていないのかもしれないし、実際モノフェチという感覚がよくわからないんですよ。

高橋:例えば、ある時僕は車を運転することが嫌いだと気づいたんです。なぜなら自分がその中に入ってしまうとあまり楽しくないんですね。ガソリンスタンドで洗車してもらっているのを外から眺めている方がいいんです。例えば、女性と付き合うようになって一緒にご飯を食べている時に、彼女にキッチンから調味料を取ってきてもらうようにお願いをしたとしますよね。その時に、彼女がキッチンまで行って、帰ってくるのを眺めているのが好きなんです(笑)。

Q. えー! そういう時は何を見ているんですか? その人の動きとかですか?

高橋:うーん…(笑)、まぁ全体だと思うんですけど、絶対に動いている方がいいんですよ。例えば、逆に自分がキッチンに何かを取りに行ったとして、それを待っている彼女を見ていても別に楽しくないんですよ。

なぜミニチュアが嫌いなんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード