無敵だった子ども時代に還れるこの島へ。宝島

ビビリなのは“便利”に慣れ過ぎたから。ならば、無敵だった子ども時代に還れるこの島へ。スマホもネットも役立たず、“不便” が楽しくなる冒険が待ってます

子どもの頃は、自転車があればどこへでも行ける気がして…

立ちはだかる動物はやけに大きく、最強の武器は長い木の枝で...スマホもネットもなかったけれど、むしろ不便なくらいがワクワクしたなあ、なんて遠い目になったあなたは、ここ宝島へ。“毎日が冒険”だった頃の感覚がよみがえる島です。

“日本最後の秘境”と言われるトカラ列島。その最南端の有人島であるこの島は、鹿児島港から336km、奄美大島から90kmの洋上に浮かび、奄美の人いわく「奄美の99%の人は行ったことがない」未知の島。 名瀬を午前3時に出港するフェリーに乗り込むと否応無しに期待(と不安)が高まってい きます。

そして、朝焼けのなか、巨大な壁画に迎えられ降りたった 宝島・前籠港。民宿で朝ご飯を食べたら、真っ先に交通手段の確保を。島は観光地化が進んでおらずガイドさんもいない ので、個人行動が基本です。で、 子ども時代の足といえば自転車と決まっているので、電動自転車の貸し出しをしている場所を尋ねましょう。集落の中心にあるコミュニティセンターで小さな地図を貰うのも忘れずに。



ケータイは宿に置いてこよう

まず目指したのは、島の絶景ポイント「荒木崎灯台」。集落から南国ムード漂うアダンの生息地を抜けると、素晴らしき“不便”の世界が本格的にスタート。せんご泊(宝島港)の辺りから、電波の入っていたケータイも通じなくなるのです。 灯台への道のりは急勾配、両脇は森。立ち止まってフリーズする謎の鳥と目が合い、ハブかトカゲか絶えず草むらが揺れる。ケータイが通じなくなった途端、人は動物や虫の世界にお邪魔しているんだと悟る体験です。

そんななかを、さらに自転車で20分無心で走れば、灯台へ向かう道の入り口にたどり着きます。 奇岩の上に立つ灯台は、一本道を15分ほど歩いた場所にあります。そこからの眺めは、さすが鹿児島100景にも選ばれただけあり絶景の一言。しばし水平線を眺め、よし帰ろうと後ろを振り返ると...一本道にはいつのまにか何頭もの牛が‼︎ みなさん、至近距離で牛と対面したことはありますか。軽くパニックになり、とっさにケータイに手を伸ばしてしまう自分が情けない!(圏外)もはや灯台の絶景を忘れてしまいそうな強烈な状況。でもそこを突破すると、自分が少し強くなった気がしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
島が大好き!

ケトル

日本に島はいくつあるでしょう? 正解はなんと6852島。人が住む島は400を超えます。それぞれ個性的な文化を持つ島がそんなにあるなんてびっくりしませんか? せっかくニッポンに生まれたのに島にいかなきゃもったいない! ケトル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード