国際化ってどういうこと?【第6回】外国に働きに行くのはサバイバルのため

日本で海外就職といえば、すさまじい決意を持って行うもののようなイメージがあります。しかし、May_Romaさんが暮らすイギリスも所属しているEU内では、海外就職はかなり気軽に行われているといいます。いったいどうしてなのでしょうか?

前回のコラムではイタリアにさえ外国人労働者が大活躍、国境越えて働きに行くのは当たり前になりつつあると書きました。

欧州ではそれが特に顕著です。EU域内では他の国に働きに行ったり、住んだりするのが自由ですから。戦前は自由だった国が多いのですが、欧州の場合は2000年以後色々な規制をとっぱらって、戦前のようにしたわけです。

さて、労働移動が自由化されるとどんな感じになるかということです。はい。まずですね、働く人にはビザがいりません。許可も書類もいらないということです。つまりどっかの県に引っ越す感覚で外国に就活に行っちゃえるわけです。外国の人材紹介会社や会社にいきなり履歴書を送ったり電話して、面接受けて就職してしまうのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi ドメ奴人やってると、こういう感覚が実感として分からないんだよな…。うぅ(-_-;)...>> 外国に働きに行くのはサバイバルのため|May_Roma|cakes http://t.co/SuOoWXxPy9 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "スペインの西の方から4時間車を飛ばせばフランスの真ん中へんまでたどり着いてしまいます。ウイーンから電車に乗れば3時間もしないうちにブタペスト。ロンドンから2時間半列車に乗ればそこはもうパリです。" |May_Roma|cakes http://t.co/SuOoWXxPy9 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "頭良さそうで、歯が白そうで、勝間和代さんで、高須院長みたいにヘリコプター乗ってますなイメージなんですけど、こっちでは別にそんなことはありません。" |May_Roma|cakes http://t.co/SuOoWXxPy9 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "日本だと「外国に働きにいくんです!」「海外就活です!!」って何か意識が高そうでカッコ良くて、ノマドで、フリーダムで、ボヘミアンな感じで、" |May_Roma|cakes http://t.co/SuOoWXxPy9 約5年前 replyretweetfavorite