恋とか愛とか社会運動とか

ダサい彼氏と歩きたくない!

桃山商事の3人と社会学者の富永京子さんが「恋愛×社会運動」というテーマで語る短期集中連載、第2回目です。今回は、わがままを言われる側の悩みや、パートナーの服がダサい問題、「ブチギレdecision」などについて考えていきます。
みんなの「わがまま」入門』の試し読みとあわせてお楽しみください。

外からの見え方が気になる問題

【登場人物】

富永京子
立命館大学産業社会学部准教授
1986年生まれの社会学者

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員


清田 前回から引き続き、「恋愛とわがまま」について、社会運動の研究者である富永京子さんと語っていきたいと思います。

富永 よろしくお願いします。

森田 前回は、わがままを言えないという悩みが話題になりましたが、今回はわがままを言われる側の悩みにも注目してみたいなと。

ワッコ それでいうと、わたしの男友達がカノジョのわがままについてぼやいてました。その女性はファッションにすごくこだわりのある人で、待ち合わせ場所に現れた彼の服装が自分の好みじゃないと、めちゃめちゃ不機嫌になるんだそうです。そんな彼女の様子を見て、彼は「わがままだなー」と思うようで。

森田 彼女からしたら、ダサい格好しているカレシと一緒にいると、カップルというユニットの一員である自分までダサく見られてイヤってことなんだろうね、おそらく。

富永 ユニット(笑)。

森田 富永さんの『社会運動と若者:日常と出来事を往還する政治』(ナカニシヤ出版)という本を読んで知ったのですが、特定秘密保護法に反対して国会前で抗議デモを行なっていたSEALDsの若者たちは、外から見て「ダサく見えないこと」に対して強いこだわりを持っていましたよね。そのためにロゴやフライヤー、プラカードのデザインをストリート系でかっこいいものに統一していたと。もちろん目的はまるで異なるけれど、外からの見え方の同一性を保ちたいという意味では、今の話とちょっとだけ通じるところがある気がしました。

富永 特に表に出るような社会運動って、第三者からの見え方もイメージコントロールの要素としてすごく重要になったりしますから。あと、服装は行く場所によっても規定されますからね。

森田 恋愛でいうと、パートナーの親や同僚に会うときの服装に悩むっていうのはよくあることなのかなと。

ワッコ 女性誌の企画の定番ですよね。

富永 ありますよね。彼ママにウケるファッションとか。

ワッコ 主婦雑誌だとダサい夫のファッションをスタイリストが改造する、って企画があったりとか。

森田 実は俺も思い当たることがあって、妻から「森田さんは帽子が似合わないから、絶対にかぶるな」と言われているんですよ。

富永 でも、今まさに帽子をかぶってるじゃないですか(笑)。

森田 桃山商事で活動してるときの帽子は、ささやかな変装なんです。

清田 森田は普段、会社員だからね。

森田 俺はもともと帽子が好きで、買い物に行くといつも手に取るんだけど、妻に買うのを止められる。

清田 黙って買うことはないの?

森田 一人で行ったときにこっそり買って隠しておくことはあるけど、一緒に買い物に行くときはお伺いをたてるかなあ。

ワッコ 「ほうれんそう」が徹底されてる(笑)。

森田 俺の好きなようにさせてくれよという気持ちは正直ある。でも妻なりに自分のことを思って言ってくれていることなんだろうなというのもわかるから、今のところは受け入れています。

小さな「わがまま」を積み重ねる

富永 今の帽子の話でいうと、森田さんの中に「隠す」というレパートリーがあるのは強いですよね。

森田 レパートリーというのはどういう意味ですか?

富永 社会運動の用語では、要求を訴える手段のことをレパートリーと言うんです。大きいところでいうとデモやストライキがそうですが、もっとささやかなものもある。例えば会社に対して、ちょっとズルをして多めに請求をするとか。

清田 ズルですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋とか愛とか社会運動とか

富永京子 /森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

恋バナ収集ユニット・桃山商事の3人と、『みんなの「わがまま」入門』の著者であり社会学者の富永京子さんによる短期集中連載がスタート!「恋愛×社会運動」というちょっと変わった切り口でワイワイ語らっていきます。 同時公開の『みんなの「わがま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 犬のくだり、 専業主婦であることが不満で、 夫に反対された犬を飼うことを強行、しかも2匹。 こんな壊れた嫁、すぐ不要とされるわ。 https://t.co/nkvXPW1ntg 28日前 replyretweetfavorite

gekko_mo 桃山商事のみなさんとの連載も更新されていた!この連載はほんとエピソードの宝庫。 https://t.co/YL3fxluAAb 28日前 replyretweetfavorite