国際化ってどういうこと?【第5回】イタリアのピザ職人は外国人

イギリスの病院が外国人労働者だらけで運営されているという衝撃の事実が語られた前回。さらに意外なことに、諸外国では、専門的なだけでなくその国の伝統文化ともいえる仕事にまで、外国人労働者が就くようになっているのだとか。その代表例がイタリアのピザ職人。日本のスシ職人も、外国人だらけになる日がくるのかも?

イタリアといえば、移民先というよりも移民する人がいる国というイメージでありますが、イギリス同様イタリアにも外国人労働者が増えています。「はあ?あの若年失業率が超高くて、大人も失業率が高い国で?」と思われるかもしれませんが、ここも他の先進国と同じく、キツイお仕事を現地の人はやりたがらないのであります。仕事はあるのにやる人がいない、そうわけで仕方なく外国の方に来てもらっているわけです。

イタリアの若い者も日本と同じく、特に高等教育を受けていると、サービス業や手に職系の仕事はやりたがりません。ダサいしきついし面倒だからです。特にサービス業は日本と同じで、レストランだと立ちっぱなし、ピザ屋だと灼熱のキッチンで何時間も働かなければならず修行は大変、カフェも重労働です。家政婦や介護なんて絶対にやりたがらないし、製造ラインに立つのもまっぴらです。

イタリアと言えばパスタでありピザであり、カプチーノでありますが、こういう「いかにもイタリア」な世界も外国人なしでは成り立ちません。イタリアではピザ職人が不足しているので、なんとエジプトや中東から職人に来てもらっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takku_nya そのうち建築現場も外人が増えるんじゃね?っとは思ってる 僕ww   https://t.co/ZXHybQeiET 4年以上前 replyretweetfavorite

jijichan4649 海外の雇用、日本の雇用【第5回】失業しているイタリアの若者はなぜ楽しそうなのか?|May_Roma| 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi イタリアの介護士の件。へぇ〜って想った。でも、日本では…。どうなんだろう…(-_-;)....。なんか無理な気がする…>> イタリアのピザ職人は外国人|May_Roma|cakes http://t.co/SrwMwiR1uk 4年以上前 replyretweetfavorite

kohtan スウェーデンのピザ屋はトルコ人がやっていてケバブも食べれるところ多かったなぁ  4年以上前 replyretweetfavorite