障害認定」はレッテルじゃなくて、生きるヒント

今回は「障害認定」を語ります。認定を受ければ、必要な支援を受けられます。半面、社会からレッテルを貼られたように感じる方もいらっしゃることでしょう。福本さんは、「障害認定」をレッテルではなく、「生きるヒント」ととらえてほしい、と語ります。

子どもは置かれる環境で人生が大きく左右される。障害児と言われる子を持つ親はきっと悩むだろう。

「この子を普通の子と同じ場所で育てるか、障害児の施設や養護学校という場所で育てるか」

私の就学期、養護学校は数も少なく、自宅からも遠い場所にあった。いとこや近所の子どもたちとそれなりに成長していた娘を見て、両親は教育委員会の前で覚悟を表明した。

「普通学級でどうしてもやっていけない時に、相談に乗ってください」

そして、障害認定を受けるかどうかも、本人が成人してから自分で決めさせよう、と両親は思ったそうだ。この時代は福祉サービスも充実していなかった。ただでさえ、私が誕生したことにより、後ろ指をさされ続けた両親。障害児と認定されわずかな優遇を受けることも気が引けたのだろう。

ただ、一九七八年から始まった西淀川公害訴訟によって、訴訟後間もなく、私は認定患者になった。夜な夜な喘息の発作で苦しむ娘を見ていた両親は、命に関わると思い、認定を受け、当時当選倍率が高かった空気のきれいな北摂の公団に転居した。

障害認定を受けたのは大学四回生の時だった。福祉行政の授業で障害年金が大幅に上がることを耳にした。就職活動も人一倍したが、どこも採用にいたらず、社会の壁の厚さを痛感していた。そんな時、ゼミ担当の教授が言った。

「君は、君やご両親がどう思おうと、れっきとした脳性まひ者。障害者ですよ。これまで障害者手帳がなかったこと自体、不自然です。手帳の交付と障害年金の申請をしてみては?」

後日、一種二級の手帳を見せたら、教授は「特殊特級の間違えじゃないの?」とつぶやき、うっすら笑みを浮かべた。

一方、発達障害児の場合はどうだろうか。診断を受けても、車いすや補装具の申請をすることもない。社会からレッテルを貼られただけ、と感じている親御さんも少なくないだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「障害マストゴーオン!」が本になります◎ イースト・プレスより12月刊行予定! Amazonページで予約受付中。 連載からさらにパワーアップした、魂込もった千夏節、ご期待ください!!

障害マストゴーオン!

福本 千夏
イースト・プレス
2019-12-07

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakomakoharu 「障害認定を受けているかいないかやなく、困った人は誰でも助ける社会システムにせんとあかんよな」 |福本千夏|障害マストゴーオン! https://t.co/8pbVK07dgF 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yunoyuno55 #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yunoyuno55 #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite