すまない、息子よ、、、。

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、関西出身の両親と東京育ちの息子とのテンションの違いを感じる出来事について。

先日、家族三人で車に乗って出かけていた時の事です。

夫が運転し、私が助手席、息子(中1)は、後ろに座っていました。そのうち

「あ、洗剤ないわ」と私。

「え?」と夫。

「洗濯の洗剤。買わな」。

「え?めっちゃあったで」。

「いや、あれは全部柔軟剤」。

「えー、なんで柔軟剤ばっかりそんなにあるん?」

「柔軟剤は、色々香りとか、消臭とか、使い分けるからいっぱいあるねん」。

「それにしても10 本くらいあったで!」

「そんなに無いし! 液体のんと後から入れる粒々のんは効果が違うから、それは数えんといてや」。

「いや、液体だけで10 本はある」。

「絶対ないし!3本くらいや」。

「それはないな、家帰って数えてもいい」。

「いいよ、数えよか? 詰め替え用はおんなじやから数えんといてや」。

と、皆さんにお読み頂くのも申し訳ないくらいのくだらないやりとりがなぜか白熱してきた時、後ろから息子が、

「ママ、くもが、、、」と。

私が先程までと同じ勢いで、

「え? 蜘蛛? 嘘やん! 中? 外?」と聞くと、息子が小さな声で

「いや、雲、空の雲が、、、」

「なんや、虫かと思った!雲がどうした?」

「きれい、、、」

「え?」

車窓から見上げると、台風一過の青空に広がる美しい鱗雲。

「ああ、、、ほんまやねえ」。

思わず写真を撮り、今までの夫との会話の不毛さに気付かされる私。

夫も、「ほんまやなあ」と。

なんかごめん。息子よ。

関西出身の両親から産まれても、君の実家は東京。

関西弁の応酬がきっと喧嘩の前触れのように聞こえて遮ってくれたのね。

父母、反省、、、。

なにをしょうもない、どうでもええ事でおっきい声出してたんやろ、私ら。

空を見よう、と思いました。

このように、私と息子のテンションの違いを感じる出来事はたくさんあります。

夏休みに実家に帰った時のことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。 最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始!...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません