なぜビジネスだと人に「道具」のように振る舞うことを求めるのか

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのでしょうか? あらゆる現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。
立場や権限を問わず、ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合とは──

発売5日で3刷り決定! いま最も注目の経営学者・宇田川元一さんの待望のデビュー作『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング)を特別公開します。

道具としての関係性からいかに脱却するか

 対話について、少し雰囲気がつかめたでしょうか。

 先の兄弟の対話の中で、次男がどんなに優秀であろうと、技術的問題として、「組織論」や「チームマネジメント論」、「コミュニケーション術」、「交渉術」などを駆使しても、問題は部分的にしか解決しなかったでしょう。なぜならば、そのアプローチの前提には、「兄が社長にふさわしいか(問題がないか)」という前提があり、さらにその前提には、自分がよいと考える基準に沿って、相手を一方的に評価するという関係性が成り立っているからです。

 その状態では、お互いに反発が生じて、お互いの持ち分を生かし合うことができないでしょう。

 では、対話によって2人の新しい関係性はどのように変わったのでしょうか。

 かつては「兄と弟」であった関係は、お互いに仕事をするようになって、今度は会社の重責を別々に担う関係に変わりました。その中で、弟は兄を評価する視線を向けるようになっていったわけです。これが、対話を通じて、「社長になろうとする兄とそれを支える弟」という関係性へと変化していったのです。


 本書の中で「対話」の重要な概念である、哲学者のマルティン・ブーバーは、人間同士の関係性を大きく2つに分類しました。

 ひとつは「私とそれ」の関係性であり、もうひとつは「私とあなた」の関係性です。

「私とそれ」は人間でありながら、向き合う相手を自分の「道具」のようにとらえる関係性のことです。例えば、私たちがレストランに行ったとき、「店員」さんに対して、一定の礼儀や機能を求めることはないでしょうか。

 お金を払っているのだから、「店員」なのだから、要望を言えば、水なり料理なりを提供してくれる。そして、その人の年齢がいくつであれ、性別がなんであれ、「道具的な応答」を期待しています。

 ビジネスにおいて、このような関係はよくあることです。友達ではなく、仕事の関係なのですから、私情は抜きにして、立場や役割によって「道具」的に振る舞うことを要求する。人間性とは別のところで道具としての効率性を重視した関係を築くことで、スムーズな会社の運営や仕事の連携ができます。

 逆に期待していた機能や役割をこなせなければ、信用をなくしたり、配置換えにあったり、解雇されたりします。これ自体は悪いことではありません。そのように私たちは社会を営んできました。これが、「私とそれ」の関係性です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合。

この連載について

初回を読む
わかりあえなさ」から始める組織論

宇田川元一

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのか? 現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。 論破す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません