組織の厄介な問題は「合理的」に起きている

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのでしょうか? あらゆる現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。立場や権限を問わず、ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合とは──

発売5日で3刷り決定! いま最も注目の経営学者・宇田川元一さんの待望のデビュー作『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング)を特別公開します。

 先ほど「はじめに」の中で、組織で起きる問題には、技術やノウハウで一方的に解決できない問題があり、その一筋縄ではいかない問題のほとんどが「適応課題」であると書きました。

 それに向き合って、解決する手法が「対話」です。この章では、対話が具体的にどんなものかを説明していきます。

 みなさん対話と聞くと、「1on1」などのように、上司と部下が向き合って、じっくり話をすることを思い浮かべると思います。また、「あの輪になって話をさせられるアレのことでしょ」と対話集会やワークショップを思い浮かべて、訝しい顔をする方も多いと思います。

 でも私がこの本でお伝えする「対話」は、コミュニケーションの手法ではありません。場合によっては、言葉を使わない場合もあります。

対話とは、一言で言うと「新しい関係性を構築すること」です。これは哲学者のマルティン・ブーバーやミハイル・バフチンらが用いた「対話主義」や「対話概念」と呼ばれるものに根ざしています。

 もちろんそんな由来は気にしないでもらって大丈夫です。私たちは生きていれば、常日頃から「関係性」を新しくしながら、対話を続けている存在だからです。

兄弟経営者の対話「兄は経営者にふさわしいのか?」

 対話について、話を掘り下げる前に、ある企業の経営陣のエピソードをお話しします。

 この会社は同族企業で、現在の社長が一代で大きく成長を成し遂げ、現在、事業継承つまり、社長の代替わりが必要な段階にあります。しかしその中で、組織上の課題がいくつか出てきていました。そのうちのひとつは、現在の副社長である長男が、どのように社長になることができるか、という課題でした。

 私は定期的にメンタリングを行っていましたが、次男と一対一で面談した中で、徐々に話が「兄は経営者にふさわしいのかどうか」という内容へと移っていきました。次男から見て、兄への厳しい評価がいくつか出てきました。彼からすれば、兄の働きは不満に感じるところが多く、このまま社長になることは受け入れ難かったのです。

 私はそこで、次男の語りの中に含まれていない点として、長男として常に父親から足りないところを指摘され続ける「プレッシャー」や、会社を継ぐことを役割づけられていることで感じる「不自由さ」について共有をすることにしました。日々どのように感じていると私から見えるか、ということをお話ししたのです。

 すると、「なるほど、そういうところは気がつかなかったです。彼なりに苦労は色々あったんですね」と仰っていました。そして、「もっと兄のよいところを会社の中で発揮してもらいたい」とも語りました。

 そして、次のメンタリングのとき、今度は兄と弟の両者が直接話すように場を設定し、話をしてもらいました。その中で、次男はこう言いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合。

この連載について

初回を読む
わかりあえなさ」から始める組織論

宇田川元一

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのか? 現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。 論破す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara 対話というものが「あの輪になって話をさせられるアレのこと」ではないと分かると内容がスッと入ってきました♪ 約1年前 replyretweetfavorite