行為が終わると、女性は相手もヤッたことも全て肯定的に捉える

前回、セツ子の家のリビングで渋沢に迫られて、そのままやってしまったユウカ。その後、セツ子とともに入院中の晶の元に見舞いにいくことに。

ユウカがセツ子を起こしにいくと、セツ子はちょうど目を覚ましたところだった。

時計をみると16時ちょうどだ。

「あら、ユウカさん、約束通り起こしに来てくれたのね。ありがとう。渋沢さんは?」

「さっき、帰りましたよ」

「あら、そうなの。ユウカさん、着替えたのね。あら? 首のところになんか……虫刺されかしら?」

「えっ」

自然とユウカの手は首を隠す形をとった。

「なんか赤く腫れてるわよ。あらら、ずいぶん大きく赤みが広がってるけど、痛くない?」

「……もしかしたら、どこかで刺されたのかも……」

ユウカはそう答えたが、その虫の正体が、さっきまでいた渋沢であることはわかっていた。
リビングで繰り広げた痴態が、セツ子に気づかれなかったことを確信して、ある意味ホッとした。

「じゃあ、そろそろ病院行こうかしらね。渋沢さん呼んだら来てくれるかしら」

このタイミングで渋沢の名前をだされてドキっとしたが、ユウカはすぐに切り返した。

「あ、渋沢さん今日納期の仕事があるって言ってました。タクシーで行きましょう」

数十分前まで、このリビングで渋沢とユウカは身体を重ね合わせていた。 2人で快楽の果実をむさぼりあうように、肉のひだ、身体の毛穴、恥ずかしいところも含めてさらけ出し合っていた。 普段、理知的な渋沢が、本能のままに動く姿をみて、ユウカはさらに興奮した。

(これからどんなに科学が発展して、すごいAIができたりしても、歌を歌ったり、運動したり、セックスしたり、そういう本能的なことから人間は離れられないんだ)

自らの動物的な行為を、そんな風に肯定できるくらいユウカの気持ちは高揚していた。

女は、行為後、セックスしたことを肯定的に考える。それも、おそらく本能的なものだ。

いま、ユウカの心から懐疑的なものは消えていた。
きっと私は大丈夫。私がセックスした相手に、間違いはない。

どんなに相手が怪しい人間だろうと、自分にとっては正しいはずだ、と考える。

タクシーは20分ほどで病院に到着した。
セツ子は受付に寄らず、そのまま晶のいる部屋へ直進した。

「あ、晶ちゃんのお母さんですよね」

後ろから呼びかけられセツ子とユウカが振り向くと、晶の担当看護師がいた。

「晶ちゃん、もう出産終わりましたよ」

「えっ!?!?」

セツ子とユウカの声が重なって、廊下に反響した。

ほんとなの? とまだ疑心をぬぐいきれずに看護師に連れられるまま分娩室に入ると、そこには赤ん坊はおらず晶だけが横たわっていた。

「晶ちゃん、もう出産終わったんだってね。ずいぶん、早かったんだね」

「うん、先生も最短記録だって。アソコがゆるかったからかな。私らしいね」

あ、ほんとうなんだ。 ただ、普通の女性なら出産後にこんな軽口叩く余裕もないだろうから、晶らしい発言がまた出産後を信じがたくさせた。

しかし、晶のお腹はへこんでいる。やっぱり出産後だ。

「それで、晶ちゃん、どっちだったの?」

「男だよ。ちんこついてたから」

「どこにいるの?」と看護師に聞くと、ベビールームにいるらしい。
晶が身体を起こそうとすると、 「いたたた」とのけぞった。
担当の看護師は、麻酔が切れるまでは動いてはダメといった。

「出産直後でもこんなに元気なのは、若いからかしらね~?」

看護師はしきりに感心しながら、そう漏らしていた。

そんなわけで、2時間後、ヨタヨタしながらゆっくりと歩く晶を両脇で支えながらベビールームに向かった。

ベビールーム前に到着すると、6人の赤ん坊がそろって目を閉じていた。 ガラス越しに見える部屋内は、どの赤ちゃんも生まれたばかりの様子だ。

足の裏にはマーカーとシールが貼られており、そこには番号が記されている。取り違いのないように、生まれてすぐにつけるんだろうか。

「あ、あの子だ!」

まだユウカは全員の赤ちゃんの顔も確認していないうちに、晶は我が子を見つけた。

「え、どこ? どの子??」

ユウカは慌てて晶の視線の先に焦点を合わせる。 「わ……かわいい」 ひときわ目立つチャーミングな赤ん坊がいた。

でも……ん?

「……晶ちゃん……違うみたいだよ」

赤ちゃんベッドに貼られた名前は金城となっている。

「あ、あ、そうなんだ」

晶はバツが悪そうにして、再び自分の赤ちゃんを探し始めた。

「もう名前決めてるの?」

「ううん、顔を見た瞬間に決めようと思ってるの」

するとセツ子が、「たぶん、この子よ」と一番手前にいる子を指した。

たしかに、比嘉という文字が貼られている。 でも、そこにいたのはしわくちゃで真っ赤な顔をして、他の子よりも小さな男の子だった。

全員が黙るが、晶がたまらず言った。

「えー猿じゃん、これ」

セツ子が晶に対してたしなめた。

「だめよ、お母さんがそんなこと言っちゃ。可愛いわが子でしょ。それに赤ちゃんの見た目なんて、みんな一緒なんだから、そんな風に言わないの」

「名前は、どうする? 思いついた?」

ユウカが晶をうながした。

「まぁ、将来イケメンになることを祈願して……ユウスケにする!」

「なんでユウスケ?……サンタマリア?」

「違うわよ! 伊勢谷友介。映画カイジ2でみてかっこよかったから」

伊勢谷友介……猿が伊勢谷友介にまで進化するには、相当時間がかかりそうだ。
でも、伊勢谷友介もなかなかワイルドな感じだから、似合ってる名前かもしれない。

赤ちゃんの見た目を気にしている晶に、ユウカはたずねた。

「もしも、この子が将来さぁ、ずっと猿みたいでさ、ずっとずっと結婚もできずにいたら、その時晶ちゃんはどうする?」

「正直ね、みてくれなんてどうでもいいよ。私の家族でいてくれさえすれば」

ユウカは、晶らしい言葉だと思った。

部屋に戻るとすぐにセツ子が自分のカバンをガサゴソいじりはじめ、

「ユウカさん、私は晶ちゃんの退院の手続きに必要な書類とか取りに帰るから、晶ちゃんの傍にいてくれる? 本当にめまぐるしくて大変……」

と言うので、「はい」と答えてユウカはセツ子を見送った。

ベッドに横たわった晶はすでにうとうとしている。

そんな晶の横顔をみてユウカは思っていた。

「晶もお母さんになったんだな」

今でこそあどけない顔をしているけれど、晶もいずれ母親の顔になるんだろう。

このタイミングで、晶はユウカとはまったく違う世界へ行ってしまったんだ、とユウカは感じていた。

どんなに科学が発達しても、人間が動物の仲間で、AIの仲間じゃないことの証明。

セックスをすることと出産をすること。

女には2種類いて、子どもを産んだ女と産んでいない女がいる、と男が言ったら大バッシングの対象になりそうだが、まだ未婚で子どもを産んだ経験もないユウカは、心情的には納得してしまうところがある。

出産した女と出産してない女の間には、とてつもなく大きな川が流れていて、 それを越える方法は……出産する以外、ないのだ。

ユウカはこれまで晶と多くの時間を共に過ごしてきたけれど、こんな風に隔たりを感じたことはこの瞬間までなかった。

ただ、今現実として、出産をした晶の寝顔をみていると、その大きな川のことを思う。

今の自分は、あっち側に渡れるのだろうか?

数時間前にあった渋沢との恍惚の時間……その行為のことを思い返す。
もしかしたら、渋沢が私をあっち側まで連れて行ってくれるかもしれない。

ユウカはますます、相手のことを肯定的に考えるようになっていた。

「ユウカ、水ちょうだい」

一人で妄想を巡らせている間に、晶が目を覚ましたようだ。
ユウカはそこにあるペットボトルの蓋を開けて晶に手渡した。

晶はぐびぐびっと喉を鳴らして半分残っていた水を全て飲み干した。

「あー美味しい。ぷふぅ」

まるで夜勤終わりのオジサンがビールでも飲んだみたいだ。

「ねぇ、晶ちゃん、出産はどうだった? 痛かった? 一人でも大丈夫だった?」

「なになに? 急に、質問攻めにしないでよ。痛かったのは当たり前でしょう。会陰も切ったんだから」

「え、切ったの?」

「そうよ。ついでに骨盤も開いてんだから、痛いどころの騒ぎじゃないわよね」

「それって治るの? また手術が必要?」

「ユウカは何にも知らないのね。軽く処置をしたら自然と治るわよ。会陰も縫い合わせれば元通りよ」

「初めてなのに、なんか落ち着いてない?」

「不安がってばかりいてもしょうがないでしょう。昔からたくさんの女の人が産んできたんだから、大丈夫だよ」

たしかに晶の言う通りだ。これまで何十億人の女性がしてきた行為で、自分だけが特別困難な状況に陥っているわけじゃない。

ユウカは、アキの出産のことにも思いを馳せた。近々、アキも出産になるはずだ。そのとき、私は彼女の傍で立ち合いたいと言った。

「私さ、アキさんの出産に立ち会うんだ」

「へぇー、ユウカに頼むなんて、アキさんも変わった人だよね」

「私が立ち会いたいってお願いしたの」

「そ、でもなんで?」

「竜平さんに先立たれた未亡人のアキさんの傍にいて勇気づけたいって思ったからかな」

「ふーん」

晶の出産の様子を見ていると、気持ちが軽くなってくる。

こんなにあっさり新しい命が誕生してしまうのも、なんだか不思議なようにも思う。

本当は、こうして若いうちからどんどん新しい命を誕生させることが、人間の本能の一部なんだろう、とも感じた。

でも、まだ遅くはない。最近は寿命も延びてるから、30過ぎても出産をすることを怖がってはいけない。

ユウカは、昨日、読谷村のアニ子婆のところにいたアキの不安そうな姿を思い浮かべて、ユウカは力強く「大丈夫」と言ってあげたくなった。

出産後にこんなに元気な晶をみた今なら、少しは自信を持ってそう伝えられる気がする。

<つづく>

<イラスト:ハセガワシオリ

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません