いま、日本にある息苦しさの正体

マレーシアには寛容な人が多いといいますが、その寛容さとは「他人のことを見ていない」ことではないかとマレーシアに長期滞在中の野本響子さんは言います。一方で社会の不寛容さが問題になっている日本。寛容な社会になるために必要なことについて考えます。

日本とマレーシアの大きな違い、それは「街中で他人を見ている人が多いか、少ないか」かもしれません。
久々に日本で街に出ると、「他人を観察している人が多い」と感じます。

これはいい面でもあります。おかげで電車の中は静かで清潔ですし、ゴミのポイ捨てなんてとてもできる雰囲気ではありません。

一方で、これが「息苦しい」と感じる人もいます。

うっかり電車の中で携帯電話などで話していたら、睨まれてしまうかも知れません。子供達はお行儀よく躾けられ、親は申し訳なさそうに公共交通機関を利用していたりします。

公務員が業務中にコーヒーを飲んでると怒って通報されることもあるそうです。
障害者が特別な配慮を受けていることに怒る人もいます。

「ズルイ」というわけです。


「ズルイ」の少ないマレーシア社会

マレーシア人は寛容と言われますが、この寛容さは「他人をあまり見ていない」ことと関係がある気がします。

先月、旅行博で有名女優の付き人をしたのですが、人混みをサングラスなしで歩いているのに、全然気づかない人がほとんどで驚きました。

電車の中で携帯で話す人は普通。コンビニの店員さんもしゃがんでスマホやってたりします。
子どもを置いて旅行に行ったり、家で料理をしない主婦がバッシングされることはありません。

マレーシアにはマレー系、中華系、インド系の3大民族がいますが、実は意外にお互いのことを知らないです(一方で、宗教的なことや人種差別は問題になることもあります)。

そもそも、見なければ腹も立ちません(この他人を見ていないことと、助けないことは違うのですが、これは次回に書きます)。


「迷惑をかけてはいけない」と思いすぎるとどうなるか

なぜ日本では「ズルイ」となるのか。

多分ですが、多くの人に、「迷惑をかけてはいけない」「真面目に働かなければいけない」「全員同じことが努力でできるはず」という強い規範意識があるのではないでしょうか。

学校での「Aくんは掃除をサボってて、いけないと思います!」がまだ行われてるんじゃないかな、と。

それ自体はいいことでもあり、マレーシアはこの規範意識を日本から学ぼうとしてます。

ただし、規範意識、行き過ぎると息苦しくなるんです。
「人に迷惑をかけちゃいけない」って思って生きていると、本当に何もできなくなるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

らくに生きるヒントがいっぱいの野本響子さんの新刊はこちら!

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

penang マレーシア人は寛容と言われますが、この寛容さは「他人をあまり見ていない」ことと関係がある気がします。 https://t.co/HxG05obZGW #海外 #海外生活 #移住 #海外移住 #子育て #海外子育て #海外旅行… https://t.co/gc45rkMoss 3日前 replyretweetfavorite

mmr_hrk 『自分にいろいろと「禁止令」を出すと、やることがなくて脳みそが暇なので、他人の観察を始めちゃうんです。』 → 4日前 replyretweetfavorite

satsuki_t まさに、これ!他人に期待しないという態度↓ 6日前 replyretweetfavorite

cmskmsk これは本当にそうだなぁ 6日前 replyretweetfavorite