にわかデコレーター奮闘記

婚約を決めた娘のアリソンが「ウエディングは自宅でする!」と言い出し、はじまった自宅での手作り結婚式。ネットで会場のデコレーションアイデアを探していた渡辺さんは、あることを思いつき…。今回、渡辺さんのアート熱に再び火がつきます。

以前、コストカットフラワーアレンジメントでの奮闘について語った。

フラワーアレンジメントをプロに任せ、コストをベンの両親にお願いすることでとても助かった。けれどもそれだけだとデコレーションが足りなかったし、だからといってさらに寄りかかるのは心苦しかった。

自分でできるアイディアを探してネット検索(特にピンタレスト)しているとき、ある共通点に気づいた。

それは、巨大な白い布地だ。


ピンタレストに出てくるウエディングの豪華なデコレーション例

これを使うだけでいかにも「ウエディング!」という感じになっている。
この布さえ使えば、私にだって豪華デコレーションができるかもしれないと思った。

そこで布地の正体をまず探り出したところ、シーアボイル(Sheer Voile、透明のボイル地)というものらしい。とりあえず、試しに10ヤード購入してみたところ、名前にあるようにやや「シーア(透明)」で柔らかく、ボリューム感があって扱いやすそうな布地だった。

納得したので、必要なエリアを計算して、シーアボイルを40ヤード、もっと透明で感触が異なるチュールを20ヤード、光沢があるオーガンザを10ヤード注文した。すべて白だが、布地が異なると使い勝手が異なるし、混ぜて使うことで、デコレーションに深みが出てくる。それもこの体験で初めて知った。

もうひとつピンタレストのデコレーション例で気づいた共通点が、「白い花と緑の葉」である。

それらを使って、「デコレーション案」を実際に作ってみた。


花嫁が登場するときに降りてくる予定の階段を試しにデコレーション

これに使ったのは本物のバラとユーカリの葉だが、これを実際の自宅ウエディングに使うことはできない。なぜなら、当日にデコレーションしないと枯れてしまうし、当日にはそんな暇がないとわかっているからだ。

シルクの造花も考えてみたが、夫から「花のマネをした偽物は嫌い。チープに見える」と最初から却下されてしまった。バラとユーカリのドライフラワーを作ってみたが、ウエディングにふさわしい生き生きとした感じがない。


バラの正体は、まさかのアイテム

悩み抜いてたどり着いたのが「紙で花を作ってはどうか?」という案だ。造花は本物を真似ているからチープに見える。でも、紙の花なら最初から本物のフリをしているわけではなく、アートである!

そう言ったら、娘から「幼稚園のお飾りみたいなのはやめてね」といわれた。

「そんなお飾りするわけないでしょ!」と言い返したが、じつは、私の頭にあったのは、小学校6年生のときに新入生を歓迎するために作ったちり紙の花であった。

幼稚園のお飾りにならないよう工夫しているうちにアート熱が出てきた。
ちり紙だとチープだし、濡れたら駄目になってしまう。もっとタフで、しかも透明さと柔らかみがある薄い紙とは何だろう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
まさかの自宅ウエディング

渡辺由佳里

娘のアリソンが長年のボーイフレンドのベンと婚約を決めた。と思ったら、「ウエディングは自宅でする」と言い出してパニックに陥ってしまった渡辺由佳里さん。自身の経験から結婚式にトラウマも抱える渡辺さんとその家族の1年にわたる「手作り結婚式」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

loveandpearl コーヒーフィルターで作ったバラの花、とても素敵です!🌹 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ralphie_y 毎回読んでて思うのは代替案の引き出しが多いこと。母、強い。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

hitomaki 金曜のお楽しみ。毎回渡辺さんの奮闘に感動すらばかりだけど、ここまで来ると頑張れる"何か"があることが羨ましい。このバラはホントに素敵!→ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

nest1989 由佳里さん、いつの間にこんなことを!あんまり素敵で/おもしろくて、涙出てきちゃいました(笑)。いいなあ、楽しそう!それにしても1500枚!>「 2ヶ月前 replyretweetfavorite