ヒロミを見かけるたびに思うこと

武田砂鉄さんの芸能時評連載、今回は四年半振り、二度目の登場のヒロミを取り上げます。前回は、卒業後もたまにやってきては偉そうにする部活のOBに例えましたが、今回はどのような切り口でヒロミを論じるのでしょうか。

「一般の人って、100%でやってない」

人に対して、「そんなんじゃ100%じゃねぇだろ、もっと本気出してこい」と数値を打ち出してくる人がとっても苦手であることに気づいた。どうしてあなたのバロメーターにこっちの体を合わせていかなければならないのだろう。オマエの100%はオマエだけに向けてろよ、と思う。こっちを見て、「まだまだ100%じゃない」なんて言ってくる人は、自分の100%と他人の100%が異なることも想像できていない。あなたからは私が80%にしか見えないとしても、私は私で100%だと思っているかもしれないし、60%くらいだと思いながら、それでも別にいいでしょ、と日々をこなしているかもしれない。

もう1年半も前になるが、いまだに記憶しているのが、『ボクらの時代』(フジテレビ系)のヒロミ&坂上忍&サンドウィッチマン・伊達みきおの登場回(2018年4月15日放送)で、ヒロミが「一般の人って、言い方に(気をつけないと)、これ、叩かれそうだけど、100%でやってる人、そんなにいねぇんだよ。100%でやんなくていいんだよ」と述べていたことだ。「自分は自由に生きています」「大物に対しても物怖じしません」というプレゼンを、スタジオにいる後輩たちに察知させ、精一杯持ち上げてもらっているヒロミの現在って、こちらから見ると到底100%でやっているようには見えないのだが、そうやってパーセンテージで他人を計測してはいけない。

芸能人としての特権性を確保する
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hpbr_opt https://t.co/4ioohJlk0G 11日前 replyretweetfavorite

aaaaxxxlll #スマートニュース ぼーっとスマートニュース見てたら笑っちゃったよ 何この駄文wwwww 11日前 replyretweetfavorite

10ricedar 言ってもらってスッキリした~~ https://t.co/LGscH0q2TE 11日前 replyretweetfavorite

bono1972 久々に何言ってるのかさっぱり分からない記事見た。 11日前 replyretweetfavorite