ホストに学ぶ育児のテクニックとは?

海猫沢めろんさんと下田美咲さんの対談最終回です。これまで、理想の育児の在り方、夫婦で子育てをする秘訣、男性をパパにする難しさなど、さまざまな内容を2人が縦横無尽に語ってきました。ラストのテーマは「ホストのテクニックは果たして育児に通用するのか」。果たして最後にどのような話が飛び出すのでしょうか? 海猫沢めろんさん原作『キッズファイヤー・ドットコム(1)』と合わせてお読みください。

床上手な男は子どもにも優しくできる

下田美咲(以下、下田) 旦那さんのホスト能力が役に立った話でいうと、赤ん坊の話を通訳できるところかも。

海猫沢(以下、海猫沢) お、それはどういうことですか?

下田 まだ喋れない時期の子どもって、何を求めて騒いでいるのかを当てるのが難しいんですけど、彼は分かるっぽいんですよ。たとえば、子どもがおっぱいを吸っている最中に泣き出したことがあったんですが、彼がとっさに「求めてるのは、右の乳首じゃないんだよ。今の気分は左」って言ったんです。言うとおりにしたら、本当に泣き止んじゃって。

海猫沢 え—! それはすごい!

下田 「赤ん坊にも気に入っている乳首があるんだよ。俺もそっちの乳首のほうが調子いいって思うもん」っていってましたね(笑)。

海猫沢 神がかってますね。男同士だから分かるのかな……?

下田 もしかしたら男にしか分からないことなのかもしれないです。そういう感情の機微を読み取る能力は、彼に教わることが多いかも。ホストって枕営業スキルが結構、大事じゃないですか。このスキルって、子育てにも応用できるんじゃないかなって思ってます。普段から女の子の息遣いや感情の波を観察しているからこそ、子どもの身体の変化にもすぐ対応できる。

海猫沢 アダム徳永みたいですね(笑)。

下田 だから旦那さんは寝かしつけるのとかも私よりうまいんですよ。「首の温度が高いからもうすぐ寝る」とか言うんですけど、そんなの考えたこともなかった。だから、床上手な男の人が持っている感覚って、乳幼児の育児にもすごく活きるんだと思います。

海猫沢 たしかに子育てに特化してもらえばいいですよね。ちなみに出産後すぐの時期はご実家にいましたか?

下田 いえ、全く帰らなくて、最初から夫婦二人きりで育児をしていました。旦那さんには仕事からの帰宅後にオムツ替えをしてもらったり、一緒にお風呂に入れたり。夜泣きとかはしなかったから、深夜に起きて面倒見るってことはなかったですね。

海猫沢 それはすごいレアですね! 旦那さんが子どもに怒っちゃうこともありませんでしたか?

下田 ふたりはライバル関係になってますね。私をとりあう相手として対立している感じです。今でもわたしのおっぱいをとりあっている(笑)。旦那さんはよく片乳を吸おうとして子どもに引っかかれているんですけど、それでも引かないんですよ。男同士、意地を張って戦っているのは面白いです。

海猫沢 なんていうか、すごいな……。お乳で思い出したけど、ウチは妻が乳腺炎になってしまって大変でしたね。乳が詰まってしまって出なくなってしまったんですよ。「桶谷式母乳育児相談室」にも行きました。

下田 私も乳腺炎になりかけました。対処法はあらかじめ調べていたから何とかなったけど、実際になったら辛いですよね。

海猫沢 妻が病院で授乳のやり方を教わったんですけど、ナースの方々がかなりスパルタでしたね。3時間で睡眠を区切られながら授乳の指導を受けるんです。夜泣きで眠れないし、すぐに乳が詰まっちゃうしで、つらい時期だったみたいです。本当はミルクにしたかったんですけど、病院の方針でできなかったし。

下田 私の息子も大きくなってきてから気分次第で飲まなくなってきました。あまりにも飲まなくて、乳腺炎になりかけた日があったんですけど、旦那さんが「じゃあ俺が吸い出してやる!」って(笑)。母乳を吸い出すのって単純じゃなくて、本来は赤ん坊ならではの独特の吸い方でないと出ないんですけど、なぜか旦那は難なく吸い出せていました。

海猫沢 旦那さん、赤ちゃんそのものじゃないですか!

下田 吸い出したものを桶に吐き出してくれたんですけど、結構な量が出ていて感動しました。こういうところで役に立っているから、私は彼と暮らしてるんだろうな。

セックス以外での旦那が全部嫌いだったとき
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
海猫沢めろん×下田美咲 ホストに学ぶ育児のテクニック

下田美咲 /海猫沢めろん

2019年7月に発刊された、海猫沢めろんさん原作の漫画『キッズファイヤー・ドットコム』(画・川口幸範/講談社)は、歌舞伎町NO.1カリスマホストが、突然現れた赤ん坊の育児に奔走するストーリー。1巻では、赤子をあやしながらのホスト仕事に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

granat_san すごいけ… https://t.co/Kmlp8AjMaL 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

seiyoukabure 「心の中にいつも思春期の中の俺がいて、昔の自分に対してカッコよくあり続けたいんですよ。今の子が思春期に突入したときには、師匠キャラっぽいポジションになりたいので、なるべく狂気を失わないようにしてます。」 https://t.co/PAUtZKablf 約2ヶ月前 replyretweetfavorite