AV監督の言葉に衝撃を受けて参加した読書会のこと

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。過去回でお届けしたように、一時期、自分の秘部に自信を持てずにいた森さん。そんな折、あるAV監督の言葉に衝撃を受けたと言います。

先日、代々木忠氏著作「つながる」の読書会に参加してきた。主催者はヨガ講師の田原佐和子さんで、ゲストに有名AV監督の市原克也氏と、これまた有名AV男優の森林原人氏が来ていた。参加者は約30名で男女の比率は1対4くらいだろうか。台風の影響もあって天候が思わしくなかったのに、満席状態である。こぢんまりした会ではあったが、内容といい、主宰者と参加者それぞれの意気込みといい、かなり濃密だった。

自分の秘部に不安を感じたのがきっかけ

失礼ながら、私は代々木忠監督作品を一切観ていない。そもそもAV自体ほとんど観ておらず、森林原人氏も映像より先に彼の著書で知ったくらいだ。彼の考え方に共感して、すっかりファンになった。そこでやっと彼が出演するAVをちょろりと観たのだが(それと知らず観ていた作品もあった)、女性の扱いのていねいさ、見せ方の巧さに胸打たれた。代々木忠監督も然りで、著書を拝読し、考え方や思想に感銘を受けた。その流れで「読書会」に参加したのである。

もっと平たく言えば、「つながる」を手に取ったきっかけは、自分の秘部に不安を感じたからだ。詳しくは『女性たちがいそしむ、秘密の肉体改造』『某整形外科で秘部を診断してもらったら』を一読していただきたい。私自身の年齢を危惧して心配になったのもあるが、世にあふれる情報に翻弄された結果、美容整形にまで到達してしまったと言っていい。

この連載の初期、『膣トレに励む女の勘違い』で、私自身が膣トレに警鐘を鳴らしていた(というか、やりすぎ、勘違いはよくないと示唆した)にもかかわらず、トラップにはまってしまった。自分の身体を調べたり、確認しに行ったり、医師に話を聞いたのは無駄ではないし、後悔もしていない。

ただ、謎は謎のまま、自分の中でケリをつけるしかなかったのが口惜しいといえば口惜しかった。事実、私の赤っ恥話に賛同してくれた女性もいて、感想を送ってくださった方も何人かいた。私の気持ちを代弁してくれてありがとう、的な。これには私のほうが涙したくらいだ。

大御所のAV監督の言葉に衝撃を受けた
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません