やっと、本当の夫婦になった気がした。

大きな不満はないものの、満足感のない日々を送る、30代半ばの主婦・佐和子。夫・孝昭との間の「夜」もパターン化してしまっている。それでもないよりはマシなのか……。もう1年も何もない、という友人の告白に複雑な思いを抱いていた佐和子だったが、ある日自分の体の変化に気が付く。
「産む性」として揺れ動く女性たちの心の葛藤と、その周囲人々のそれぞれの人生の選択を描いた8つの短編集『産む、産まない、産めない』より「温かい水」を特別公開。

季節がひとつ過ぎていった。

 この一週間、体調が悪い。酒を飲んでもいないのに、軽い二日酔いのような状態が続いている。胸がむかむかして、全身がだるい。初期の風邪なら、今夜はうつさないようにソファに寝なければならない。いつの間にかできあがった二人の生活のルールだった。

 だるい身体をひきずって、駅前のスーパーに行った。五周年の記念セールとかで、ステーキ肉の特売をしていた。百グラム五百五十円。迷わず、それに手を伸ばし、四枚買った。今日はそのままステーキにして、明日は細かく切って野菜炒めにでもすればいい。

 スポーツ選手だった孝昭は、とにかく肉が好きだ。大きな肉片ににんにく醬油をたっぷりとつけて口の中に放り込み、飲み込むように食べた。肉を焼いただけとはいえ、作ったものをおいしそうに食べてもらうと、ささやかな達成感がある。その喜びはほんの一瞬で消えてしまうのだけれども。

 佐和子も肉片をにんにく醬油にひたして口にもっていった。突然、いいようのないむかつきがおそってきた。香ばしいはずの肉の匂いが、いやがらせのようだ。箸を置いて、むかむかする胸を押さえた。

 その時、あ、できたんだ、と気がついた。孝昭は、佐和子の異変に気がつかず、嬉々として肉を食べ続けている。

「私の分も、食べていいよ」

 自分の皿を押しやった。

 妊娠に強い確信があった。具体的な理由があるわけではない。女としてのカンだ。

 明日、病院にいって、はっきりしてから孝昭に伝えよう、その前に実家の母だな、などと連絡の順番を考えた。ステーキは食べられなかったけれど、いつも通りに夕食をすませた。胸のむかつきとは裏腹に、やけに冷静な自分が不思議だった。

 翌日の夕食もステーキにした。孝昭が喜ぶだろうし、何しろ今日はお祝いの日である。分厚い肉をわざわざ野菜炒めにすることもなかった。

「やっほー。今日もステーキなんて、どうしちゃったんだ、我が家は。何かあったのかよ?」

「うん。あった」

「え? 何が?」

「ビッグニュース。落ち着いて聞いてくれる?」

「はあ……」

「赤ちゃん、できたの。三ヵ月目に入ってるって」

 孝昭は椅子から立ち上がってガッツポーズをした。うぉーっといいながら、両手の拳を頭の上の辺りで、何度もふった。とまどうかもしれないと思っていたが、ステーキを食べるのも忘れて喜んだ。

 その様子を見ていたら、じんわりと涙が出てきた。やっと、本当の夫婦になった気がした。

「何、泣いてんだよ」

 そういいながら、孝昭の目も真っ赤になっている。二人は、泣きながら抱き合った。孝昭の涙が佐和子の頰を濡らした。考えてみれば、孝昭が泣くのを見たのははじめてだ。それを告げると、ぶっきらぼうにいった。

「嬉し涙は泣いたうちに入んないの」


 たくさんの祝福の言葉をもらった。双方の母や父はもちろん、佐和子の弟夫婦や孝昭の妹、孝昭の会社の同僚や上司、学生時代の友人……。佐和子が連絡をしなくても、誰かが誰かに話して、何年ぶりかで電話やメールがくる場合も少なくなかった。

 今まで、自分は世間から取り残されている気がしていた。孝昭を通してしか、世の中と係わっていないことに、引け目があった。それは間違いだった。自分たち家族のことを、こんなにいろいろな人が気にとめているとは思わなかった。

 ためらいもあったが、奈美には自分から電話をした。妊娠という言葉を聞いて、一瞬だけ間があったが、明るくお祝いをいってくれた。

「そんじゃあ、私の時は佐和子にいろいろと聞けるね。先輩、よろしくぅ。あ、なんだったら、服とかベビーベッドとか、そのまま取っといてよ。お下がり、もらうからさ」

「じゃあ、早めに子供作ってね。うち、狭いから置いとくとこないもん」

 言葉が口をついて出ると同時に、しまった、と思った。奈美は暗い声で答えた。

「あ、そうだね……。図々しいこといってごめん」

 電話を切った後ははしゃぎ過ぎを反省したが、すぐに嬉しさがこみあげてくる。出産という大きな目的ができると、日常のささいなことすべてに意味があるように思えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

妊娠、出産、育児、結婚、そして仕事。女性が自分で選択できる時代が、きっとくる。

この連載について

初回を読む
産む、産まない、産めない

甘糟りり子

妊娠、出産、育児、家事……全くもって女性の人生は大変だ。女であるというだけで「あたりまえ」にできることが要求されるのだから。そして仕事をしたければ、その「あたりまえ」でさえ手放さなければならない。女性は、果たして「産む」だけの機械なの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません