私が夫の仕事に求める4つの条件

転勤が嫌すぎて旦那さんに会社を辞めてもらうことになった下田美咲さん。「会社を辞めた後の俺はどうしたらいいの?またどこかに就職をすればいい?」と聞く旦那さんに対して、下田さんは4つの条件を満たす仕事を見つけてほしい、と伝えます。

転勤から2ヶ月。限界を迎えた私が、号泣からの錯乱の末に「会社を辞めてほしい」と言うと、夫は「会社には明日辞めると伝えてくる」と言い「でも、会社を辞めた後の俺はどうしたらいいの? またどこかに就職をすればいい? どのくらいの時間をかけて仕事探しをしていいの?」「考えがあるなら全部言って。俺はそれに従うだけだよ」と言った。

その時点で私の頭の中にあった考えは【4つの条件を満たす仕事を見つけること】だった。

4つの条件とは

①転勤がない会社
②子育てと両立できるような働き方
③明るい顔をしてイキイキと暮らせるくらい、好きになれる仕事
④実家の近くに住める

一つずつ詳しく説明をしていくと、まず「①転勤がない会社」。これはそのままで、辞令が出るとか出ないとか、それを受けるとか断るとか以前に、転勤制度がある会社の入社試験を受けること自体がもう2度と嫌だった。私と夫婦である限りは、転勤制度のある会社の社員になることは絶対にNG。

そして「子育てと両立できるような働き方」。これはつまり、子育てに参加できる程度の時間と体力の余裕が残る働き方をしてほしい、ということ。

会社員時代の夫は、起きている時間の全てを仕事に捧げているような働き方だった。仕事の前後や休日に家にいたとしても、常に疲労困憊していて体力がなく、育児の戦力にはならなかった(世間一般的な基準で言えば、育児をする気がある方の夫ではあったし、表面上の参加はしていたけれど、私から見ると、あんなフラフラしていて気が確かじゃない人間に、大事な息子のことを任せられなかった。かろうじて起きていても、かなりボーッとしていて注意力がひどく散漫だったし、遊んでいる息子を残して眠気に負けて寝落ちしてしまうことなどよくあったから、とてもじゃないけど保育をできる人材ではなかった)。

ということで、あんな風に子育てに参加できなくなるほど時間や体力を奪われるような働き方は、もう2度と嫌。

かなり難しい要求だとは自覚しつつも

そして「③明るい顔をしてイキイキと暮らせるくらい、好きになれる仕事」。正直これは自分で言いながらも「これはマジでハードルが高いだろうなぁ……こんなこと言われても困っちゃうだろうなぁ……」と思っていて、かなり難しい要求だとは自覚しつつも譲れなかったことなのだけど。

仕事を辞めてくれるのはありがたいし嬉しいけれど、辞めたその先に、アラサー男子として厳しい現実が待っているのは分かりきっていることで。

ハッキリ言って彼のスペックでの再就職が相当な難関になるであろうことは、前回も書いた通りで、年収が落ちることはまず確実だろうし(そうなると、やりがいなど精神的な充実度も落ちる可能性が高い)、ましてや「楽しく働ける」とか「好きになれる仕事」となると、そもそも見つけるのが難しい存在。

だから、再就職に苦戦したりとか、就職はできたとしても楽しく働くことができない可能性はかなりあるけど、そうなった時に「美咲ちゃんに仕事を辞めさせられたせいで」というスタンスになって、ブーブーと文句を言ったり、暗い顔をして暮らすようになるとしたら、もはやそんな男とは一緒に暮らしていきたくない。

私が好きなのは、明るい顔をしてイキイキと働きながらニコニコと暮らしている彼であって、そうじゃなくなるのであれば転勤族じゃなくなったとしても離婚がしたい。

だから、明るい顔をしてイキイキと働きながらニコニコと暮らすことはマストな条件であり、すっごく難しい要求であることはわかっているけれど、退職後にはまた今までの仕事と同じくらいに「大好き」になれる仕事を見つけてもらわないと困る。

人生で一度もそういう仕事を見つけられない人の方が多いわけで、2つもそんな仕事を見つけられたらそれは奇跡で、すごく大変なことを言ってるのは理解しているけれど、それでも、そこは諦めないでほしいし、頑張ってほしい。

(一般的には奇跡だとしても、その程度の奇跡など私はいくつも起こしてきているし。夢を叶えまくっている私としては、一般的に難題であることは理解している一方で「本人にやり遂げる意志があればできることだ」とも思っている。)

大好きでお気に入りの会社を辞めさせられたら不機嫌になる方が自然だとは思うけれど、もしも一瞬でも不機嫌になってしまいそうなのであれば、私のために辞めるのはやめてほしい。不機嫌な夫なら、いらない。恨み言を言われるくらいなら、そんな夫婦生活には価値がないから、離婚がしたい。

頼れる相手が誰もいない環境での子育ては、もう苦しい

そして「④実家の近くに住める」。2年間ワンオペで育児をしてきて、いついかなる時にも一人で歯を食いしばって踏ん張るしかない環境で子育てをするのは途方に暮れることだと痛感した。普段は別にワンオペで大丈夫だけれど、身体を負傷した時や、具合が悪い時は、辛すぎた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukininNJ https://t.co/qw4pxqjqa7 遅くとも月単位で作戦を変えて試行錯誤を繰り返すってすごい  なるほど… 19日前 replyretweetfavorite

restart20141201 ゛私が好きなのは、明るい顔をしてイキイキと働きながらニコニコと暮らしている彼゛ https://t.co/DoAbhGYHQj 19日前 replyretweetfavorite

alexandre_ishii #SmartNews この人は何者?? あ、いや作家らしい サロンとか?ネットでよく見る 写真が全て今風同じ顔に見えるのは私だけかw とにかく読ませる文章なのね 今どきの… https://t.co/GZrFzSinNB 20日前 replyretweetfavorite

keizin0309  彼女は彼女であって彼女以外の人が彼女と同じにできるわけがないと記事を読んだ100人中100人が思って欲しいと思う内容 20日前 replyretweetfavorite