キチンとした人が多い日本、リラックスした人が多いマレーシア

多様性と寛容の国、マレーシア。怒らない人が多いのと同時に、リラックスした人が多いのだといいます。店員さんが談笑していたりと、日本人からすると眉をひそめられそうなケースもありますが、みんながリラックスした空間はなんとも居心地がよいのだと、マレーシアに長期滞在中の野本響子さんは言います。

日本とマレーシアの一番の違い。それは人々がリラックスしていること。
人間を基本的に信頼している人が多いことかなっと思います。
今風に言うと、「心理的安全性」が保たれている社会です。


ちゃんとしている人が多い日本

マレーシアから日本に帰ると、なんとなく緊張します。どことなく、社会全体にピリピリした空気を感じるのです。これは日本に住んでいたときにはわからなかったことです。

小さい頃から「ちゃんとしなさい」と言われて育つ日本人は、本当にきちんとしてる人が多いなって思います。周りがどう行動しているかを察知して、さっと行動を変えられる。

お店でも人々が高い声で「いらっしゃいませー」というのが、まるで演技しているように見えることもあってドキドキします。

これがマレーシアだと、庶民が行くようなお店ではスタッフが談笑してたり、携帯見てたりするのは当たり前。あまり緊張感というのがありません。

ママックと呼ばれる大衆食堂では、よくお客さんが店員さんを「ボス」と呼んでいて、店員さんもお客さんを「ボス」と呼ぶので、どっちがどっちだかわからなくなります。

これを見て「サービスがなっていない!」と怒る日本人もいます。
そういう人は高級な場所に行くと、対価相応のサービスが期待できるわけなのです。お金をケチってマレーシアに住むと、あまり良いサービスは受けられません。

ある意味、コンビニの店員さんが馬鹿丁寧に対応する日本はすごいな、と思います。


先日、電気料金が高額だったので、マレーシアの電力会社のコールセンターにクレームの電話をしたのです。その人が、こんな感じでした。

私「グッドアフタヌーン」
男性「グッドイブニングだよね、マダム、そう思いませんか。お名前は?」
私「Kyokoと言います」
男性「Kyokoですか。いい名前ですねぇ。もしかして日本人?」
私「そうです」
男性「ウェルカムトゥマレーシア!」

最後には「では、5日以内にスタッフが伺います。良い一日を!」と言われ、電話を切りました。

こんな電話対応って大丈夫なのかな?っと思いましたが、なんだかクレームの電話をしたのに、楽しい気持ちになってしまいました。


人々がリラックスしている社会

警察とか病院とか、割と緊張を強いられる場所に行っても、人々はずっとリラックスしています。

以前、観光地のマラッカで駐車違反キップを切られまして(チケットの置き方が悪かったようです)、抗議?のために地元の警察に行ったのです。マレーシア警察は評判が悪く、ドキドキしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mikakofuse マレーシア行きたいー  約1ヶ月前 replyretweetfavorite

taki_tsubo マレーシアで暮らしたい、、、「きちんと」「ちゃんと」とか無理ー 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo いやー、リラックスして生きていきたいわ、 重箱のスミを突くみたいな事も言われたくないし。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite