表現の不自由展」を止めたがる政治家たち

愛知県で行われている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。その展示の一つである「表現の不自由展・その後」に対して脅迫行為があり、3日間で展示を中止、表現の自由にまつわる議論に発展しています。また、文化庁が補助金の不交付を決定、それに対する反対運動が起こるなど騒動が続いています。今回はあいちトリエンナーレに対する政治家たちの発言からこの問題を考えます。

「僕の精神では考えられない」とか言う

「あいちトリエンナーレ」内の「表現の不自由展・その後」についてはいくつもの論点があるが、真っ先に問題視したいのは、政治家一個人が、自分の感覚を平然と「日本国民」というスケールと同化させた態度にある。この件の全体像を振り返るだけでも、いつもの連載文字数を超過してしまうので経緯は控えるが、「芸術と政治」「芸術祭と公金」といった議題を設定する以前の問題として、この態度を問うべきだと思っている。

企画展の再開が報じられた9月30日、名古屋市・河村たかし市長は「暴力的で大変なこと。表現の自由を著しく侵す」「天皇陛下に敬意を払おうと思っている多くの人たちの表現の自由はどうなるのか。僕の精神では考えられない」と述べている。摩訶不思議な発言である。そう思っている人の表現の自由は、この件では少しも制御されていない。

この展示中止のきっかけを作ったのが河村市長である。彼は、「平和の少女像」を見て「日本国民の心を踏みにじるもの」とし、主催者への抗議の電話が相次いでいることについても、「それこそ表現の自由じゃないですか。自分の思ったことを堂々と言えばいい」と煽った。展示をやめさせるタイミングでも、再開が決まったタイミングでも、「表現の自由」を自分で取り扱えるものにしたがっている様子だが、「表現の自由」とは、攻撃に使われるものではなく、おびやかされたときに守られなければならないものである、という認識もないのだろう。

「そんなわけねー」と思うのならば
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

QianBaiyi これを読んで反省して、市長を辞職してほしい。 https://t.co/LOpLeDuLEE https://t.co/zqKDrh40kp 13日前 replyretweetfavorite

Mo6io0 この記事書いてるの韓国人?笑 18日前 replyretweetfavorite

yuichi0613 "否定するなら、否定する順番くらい守ったらどうか。" / 他8件のコメント https://t.co/bo0HjWxR2p 18日前 replyretweetfavorite

yoshinon 全面的にこの言説に賛成としか言いようがない。 19日前 replyretweetfavorite