私はこの国が気に入りました。」|意気軒高(二) 1

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は
どのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、
明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、
「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

 岩崎から聞き出したわずかな話を大きく広げて、大隈は御沙汰書らしきものを書いてみた。しかし「誰に会い、何と答えた」といった話が書けないので、どうにも具体性がない。

 肝心の岩崎はその場に酔いつぶれ、大鼾をかいている。

 大隈はそれを横目で見ながら、「英語ができないので通詞が必要だが、腕のいい通詞が雇えない」といった言い訳がましいことを書かざるを得なかった。

 それでも、これまでの諸外国の知識を動員して体裁を整えたので、そこそこの出来にはなった。そのため岩崎は後に御沙汰書についてのお咎めを受けることはなかった。だが公金に手を付けて登楼していたことがばれ、百両余の金を土佐の商人たちから借り受け、藩に弁済することになる。

 いつの間にか大隈も眠ってしまい、気づくと昼頃になっていた。

 大隈は岩崎を蹴って起こした。

「行くぞ」

「えっ、どこに」

「英語教師を紹介してくれるはずだろう」

「わしが、そんな約束をしたのか」

「ああ、した。その仲介料がこれだ」

 大隈が御沙汰書を渡すと、岩崎ががばと起き上がり、それを黙読した。

「ありがたい。実にありがたい」

「では、いいな」

「もちろんだ」

 岩崎は両手で頬面を叩くと起き上がった。

「で、英語教師がいるのはどこだ」

「鍛冶屋町にある崇福寺だ」

 父の生前、長崎には何度か連れてきてもらったことがあるので、大隈には土地勘はある。だが主に砲台に用があったので、崇福寺という寺には行ったことがない。

 二人が昼過ぎの丸山を歩き出す。岩崎は大あくびをしながら伸びをしている。無精髭はさらに黒々となり、着替えがないのか褌も変えていない。むろん大隈も同じようなものなので、それに文句は言えない。

 丸山の遊廓には昼客がいないのか、女郎が蒲団を干し、下男らしき老爺が打ち水をしている。そんなのどかな光景を眺めながら、二人は鍛冶屋町に向かった。

 鍛冶屋町への途次、岩崎の頼りなさそうな背中を見て、大隈は少し不安になった。

「おい」と言って大隈が先を行く岩崎の肩を押す。

「なんだ」

「その英語教師の腕は確かなんだろうな」

「いや、アメリカ人なので剣術はやらんだろう」

「そうじゃない」

 岩崎はきょとんとしているが、大隈は英語教師がアメリカ人と聞いて安心したので、それ以上は何も問わなかった。

 やがて竜宮城を思わせる朱塗りの楼門が見えてきた。岩崎は構わず進んでいく。

「おい、ここはどこだ」

「だから崇福寺だ」

「長崎には、こんな寺があるのか」

 岩崎が勝ち誇ったように笑う。

「ここは大陸の様式を大幅に取り入れた寺だ。長崎には、華僑のお布施によって開山した大陸風の寺がいくつかある。そんなことも知らんのか」

 今度は大隈が黙る番だった。

 その奇妙な楼門をくぐって奥に向かうと、戸を開け放たれた講堂で、講義が行われていた。

 後ろ姿から推察すると、生徒はどうやら商人の子弟のようだ。

 講義をしている西洋人は、長身瘦躯で見るからに頭のよさそうな姿形をしている。

「随分と男前だな」

「でも宣教師だから、宝の持ち腐れだよ」

 岩崎が下卑た笑みを浮かべる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません