十人並みではいけませんか」 |気宇壮大(八) 1

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は
どのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、
明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、
「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

 大隈は蘭学寮に通い、まじめに蘭語を学んでいた。でもそこは大隈である。耳学問で済ませられるものは済ませ、そうはいかないものだけを懸命に勉強したので、極めて効率よく知識を吸収していった。

 そうした中、語学は努力を要する科目なので、大隈はそれに力を注いだ。そして先輩から優れた蘭学書の要旨を聞き、蒸気機関の原理から仕組みまでも理解できるようになった。

 こうして効率性を重視した学習法によって、大隈は優秀な者たちを抑えて蘭語では蘭学寮一と言われるまでになった。単語を覚えるのは苦手だったが、蘭語の文法と構文は得意で、日常的な会話文なら蘭語の文章が書けるまでになった。

「やめた」

 安政七年(一八六〇)三月、桜が満開の多布施川河畔を久米丈一郎と一緒に歩きながら、大隈が唐突に言った。

「今度は何をやめるんですか」

 久米はもう驚かない。むらっけのある大隈に慣れているのだ。

 ちなみに昨年、久米も晴れて蘭学寮の生徒となり、懸命に勉強していた。また義祭同盟にも加盟し、まさに大隈の後を追うようになっていた。

 大隈が河畔の斜面に寝転がったので、久米もそれに倣った。

「どうも人には、得手不得手があるらしい」

「それはそうでしょう。私の場合、鉄砲は得意ですが、馬術は苦手です」

「そういうことだ。ひとくくりで武芸と言ってもいろいろある。刀と槍だって得手不得手があるだろう」

「そうですね。で、此度は何をおやめになるのですか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumabouroMM https://t.co/IxEaPpV0cp 更新日でした♪ 30日前 replyretweetfavorite