第2回】声を失った歌手が丹田呼吸法と出会い、スクールを起業! 歌手として復活するまで

受講者からは「自信がついた」「仕事で評価されるようになった」と熱い支持を集めるボイス&メンタルトレーニングスクール「アマートムジカ」。インタビュー2回目は、その代表を務める歌手の堀澤麻衣子さん。新刊『1日でできる! 声を変えればうまく話せる!』が、Amazon総合1位、ジュンク堂書店大阪本店の週間ベストセラーで総合1位を獲得し、著者としても注目されています。歌のレッスンでは、1日で2オクターブ半の音域が広がる方法が身につくと、日本国内はもとより、海外からも受講したいという人が後を絶ちません。しかし、その裏には、自身の声を失うという挫折がありました。挫折を乗り越え、ボイス&メンタルトレーニングのメソッドを確立。今ではスクールを経営をしながら、歌手としてアメリカでのレコーディングに挑戦されています。今回は、そんな堀澤さんに「夢を叶える方法」についてのお話をうかがいます。

声を失った歌手が復活。ヒントは古武術から!?

—堀澤さんが歌手になろうと思ったのは、なぜですか?

堀澤麻衣子(以下、堀澤) 5歳頃、父に連れられて原爆の映画を見に行き、衝撃を受けたことがきっかけです。大人になったら傷つけあうのではなく、「人を救う」側の人間になりたいと思いました。その後、中学1年の時、海外で歌う機会があり、音楽を聴いた瞬間に、その空間にいる人の心と心が繋がっていく感覚を実感しました。音楽は言葉を超えることができ、またメロディーによって自発的に心に暖かさや勇気を芽生えさせることができる。人の心が豊かになり、傷つけあわない世界を、声や音楽を通じて目指していきたいと、歌手になる事を決心しました。

―そして、音楽大学に進学したんですよね。

堀澤 はい。でも、21歳の頃、のどにポリープができ、声が出なくなりました。手術後、喉の弱い自分でも歌えるように、1)二度とのどが痛くならず 2)楽に高音を出て、3)即効性のある 発声法を作ることが目標に、オリジナルの発声メソッドを作ったんです。

―復活後、歌手として活動をされていたんですよね?

堀澤 ええ。ただ、コンサートの時の準備から当日まで、チケットの管理、HP・プログラム作りから、ディナーショーの営業、会計、すべて自分ひとりで行っていたので、休みはなく、毎日へとへとに疲れ果てていました。当時は「CDを早く作りたい。どこかのレコード会社が拾ってくれないだろうか」と思い、プロデューサーにお金を騙しとられそうになった事もありました。

―それは、散々でしたね。

堀澤 人間不信にもなりました。また騙されるのではないかと、頑なになってしまったり。0か100かで生きていたので、人ともぶつかったり、大切な人を失ってしまったりしました。あのころの自分は、暇なし、金なし、人脈なしの「29歳、崖っぷち。なのにガンコでポツン」とした淋しい状態でした。

―そんな堀澤さんが変わったきっかけは、何だったのでしょうか。

堀澤  「丹田呼吸法」との出会いです。発声法を作った後、さらによい方法はないかと試行錯誤を重ねる10年が続きました。ある日、武道の先生と出会って、丹田呼吸法を知りました。身体の軸である丹田を使った歌い方で、どんな方でも2オクターブ以上は声が出るようになる身体の機能がある事を知りました。また呼吸法をすることで、腹が据わりメンタルが安定し、ブレない自分の軸を持つことができる自分に変わっていったのです。

呼吸法は、歌うために身体の使いこなしを知りたいという想いで始めましたが、声をらくらく出すことに効果を発揮するのはもちろんのこと、それ以上にメンタルの安定に大変役立ったのが驚きでした。また、身体の軸である丹田を使いこなせると、身体を使うスポーツ全般の身体能力も飛躍的にあがります。こうして、丹田呼吸法を発声メソッドにミックスし、声、心、カラダの3つを早く良い状態に整え、1日修得レッスンという短時間で誰でも声が変わるメソッドが完成しました。いままで4500人以上の方に受講いただいています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
声を変えたら運命が変わった!!  「1日でできる! 声を変えればうまく話せる!」インタビュー

司拓也 /堀澤麻衣子

歌手の堀澤麻衣子さんが立ち上げたボイス&メンタルトレーニングスクール「アマートムジカ」には、歌手やアナウンサー、声優から、政治家や弁護士、教師、ビジネスパーソンまで、さまざまな方がボイストレーニングを受けています。受講された方からは、...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません