ケイクス通信

ケイクス通信 8/16| 帰ってきた「赤坂のカエル」

金曜日は、ケイクスオリジナルコンテンツの更新日。先日最終回を迎えた「赤坂のカエル」の番外編がスタート。第1回は最終回に登場した編集者・木下拓海さんとの対談を、爆笑必至のエピソード満載でお届けします。東浩紀さんの「検索ワードをさがす旅」は、cakes未掲載だった第1回からの記事を【第1期】としてスタート。本日掲載の第8回とあわせてどうぞ。「未来はすでにここにある――川田十夢インタビュー」は川田さんが「もっと面白い」未来を語ります。「クリエイターズ・デスク」には峰なゆかさんが登場。インタビューが話題になった東田直樹さん「跳びはねる思考」や、白河桃子さんをゲストに迎えた二村ヒトシさんの「キモい男、ウザい女。」などなど、充実の更新です!

●新連載

中川淳一郎「「赤坂のカエル」番外編・カエルの青春」
ヘンテコ関羽の入れ墨男 VS木下拓海(編集者)【第1回】

先日惜しまれながら最終回を迎えた、WEB編集者・中川淳一郎さんの連載「赤坂のカエル」が帰ってきました! 連載に登場した人物をゲストに迎え、ゲストの視点を交えながら「赤坂のカエル」時代のことを振り返ります。最初に登場するのは、連載最終回に登場したフリーライター/編集者の木下拓海さん。一目見てただものではないとわかるその風貌ですが、対談でもただごとではない話がたくさん飛び出しました。そんな木下さんと中川さんの対談を、全4回でお送りします。第1回は無料です。

東浩紀「検索ワードをさがす旅【第1期】」
第1回 旅は情報を欲望させる【前編】

「台湾人がみな親日家なわけではない」「インドのケーララ州は双子の出生率が高い」これらは東浩紀さんが、現地に身体を運ぶまでわからなかったこと。ネットでいくら情報が公開されていても、自らその情報を欲望するかどうかが肝心です。 前編は、ネット全盛のこの時代、現地を訪れることで初めて、新しい情報が更新されたという皮肉なエピソードからはじまります。 第6回からの第2期と並行して、第1期がはじまりました。第1回の前編・後編は無料です。
第1回 旅は情報を欲望させる【後編】
後編は、なぜネットでは重要な情報に出会えないのか、新しい検索ワードに出会うにはどうすればいいのかに迫ります。

●特別連載

川田十夢「未来はすでにここにある—川田十夢インタビュー」
【後編】未来の設計図はもうできている

ビニール傘で翼をつくって空を飛ぼうとしたり、味覚以外の五感を使わないで生活しようとしたり、子供のころから発明家ぶりを発揮していた川田さん。常に時代の一歩先を志向している川田さんが予想する、今後の社会に訪れる未来とは? 世の中をわくわくさせる発明を発表しつづけている開発ユニット「AR三兄弟」長男・川田十夢さんのインタビューです。(聞き手:古賀史健)

●連載

検索ワードをさがす旅【第2期】
第8回 「文学者」の使命【後編】

言葉によって制御できない反射的な感情、「憐れみ」。後編は、「憐れみ」と同じく、人が制御できない「性欲」のありようを考察しながら、人間の本質に迫る広義の「文学者」の使命へとたどり着きます。
広大なネット空間から無限の情報を引き出せる時代、私たちはどのように「うまく生きていく=検索をかける」べきなのか。縦横無尽に活躍を続ける評論家・東浩紀さんによる連載放談です。

cakes編集部「クリエイターズ・デスク」
峰なゆか・ 前編「ダサいは罪! 使い勝手が悪かろうと、アンティークの机は譲れない」

独創的な仕事をしているクリエイターの机を見せてもらいにいく本連載。今回は、AV女優から売れっ子マンガ家へ転身した、峰なゆかさんの登場です。自宅兼仕事場にうかがうと、そこにはなぜかガラス張りのお風呂が……? マンガの描き方から、マンガ家志望だった小中学生の頃、ヤリマンだった高校時代、田舎でひとりサブカル活動をしていた過去、現在の彼氏の話まで、『アラサーちゃん』を描くにいたる軌跡を追いました。

山形浩生「新・山形月報!」
第20回 霊性進化論・月面着陸・北朝鮮

夏真っ盛りの中、外に出ないでのんびり読書したいなんて人も多いでしょう。今回の「新・山形月報!」も読書の意欲をかきたてる本がズラリです。取り上げられている主な本は、スヴェン・へディン『さまよえる湖』(中公文庫BIBLIO)、大田俊寛『現代オカルトの根源』(ちくま新書)、『新・トンデモ超常現象60の真相』(楽工社)、リチャード・R・ネルソン『月とゲットー』(慶應義塾大学出版局)、初沢亜利『隣人。38度線の北』(徳間書店)などです。

美少女図鑑 / 青山裕企「彼女写真 in 長野」
長野編【第16回】どこまでとぶかな?

青山裕企さんと、美少女図鑑の人気コラボ連載。シャボン液をつけた輪っかを、彼女がふうっとふくと大小のシャボン玉ができあがります。何ひとつさえぎるもののない野原のなか、光を反射して虹色に輝くシャボン玉たちは、空へ空へと高くまいあがっていきます。

渡邊有紀 / 喜多村みか「TWO SIGHTS PAST」
TWO SIGHTS PAST #18

TWO SIGHTS PASTは、2000年頃より写真家の喜多村みかさんと渡邊有紀さんが互いを被写体として写真におさめている作品です。2008年にブタペスト(ハンガリー)にてこの作品の写真展が開催された際に、現地を訪れた2人。#16から4回連続でその時の写真をお届けします。

林伸次「ワイングラスのむこう側」
お店のはじめ方

バーにまつわる様々な人間模様をお届けしてきた本連載ですが、今回はちょっと趣向を変えて、お店の経営についてのお話です。飲食店を始めるのって結構大変なのでは……と思われがちですが、実際はそうでもないようです。このコラムを読んで、あなたも素敵なバーを始めてみませんか?

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第46回】すっぴんを見せてくれない

今日もやってきました、フェル先生のさわやか人生相談。今回は恋愛相談が多いようですね。年上が好きなのに年下しか言いよってこないという学生の贅沢な悩みや、彼女がすっぴんを見せてくれないという男性の悩みなどなど。フェル先生はどんなお言葉をくださるのでしょうか。

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第42回 18歳未満の論理学(後編)

『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』(ソフトバンククリエイティブ)が絶賛発売中の、結城浩さんの人気数学連載。「僕」とテトラちゃんが不等式の問題を解いていると、ミルカさんがやって来ておもしろい問題を出してきました。みなさんは《と》と《または》と《かつ》の違い、わかりますよね……?

二村ヒトシ「キモい男、ウザい女。」
第23回 白河桃子さんと、日本の男性の性欲について話した 【恋と性愛の研究と実践 ③】

AV監督の二村ヒトシさんと少子化ジャーナリストとして著名な白河桃子さんが結婚と恋愛について語る対談、第2回目。のっけから「草食系」が増えたと嘆かれる日本人男子の「性欲」について検証。恋愛大国・フランスとの違いについても、迫ります!

青井サンマ「嵐の聴きかた」
【第24回】十組十色のコンビ(萌え)その5 磁石とじいまご編

嵐オタの青井サンマさんが、独断と偏愛でアイドルグループ・嵐の魅力を伝える入門コラム「嵐の聴き方」。引き続き、よりディープな楽しみ方「コンビ(萌え)」をお届けしていきます。嵐の頭脳と言われている、櫻井くん・二宮くんの「磁石コンビ」。最年長の大野くん・最年少の松本くんの「じいまごコンビ」。嵐がメインパーソナリティを務める『24時間テレビ』もいよいよ来週末!
ぜひこのコラムを読んで、すみずみまで嵐を楽しみましょう。

山内宏泰「写真を読む夜」
中島英樹の、デザインが生まれるとき【前編】「デザインのマジック」なんてない

写真にかかわる人の生の声を通して、写真表現の奥深さにふれるという目的のもと、毎月第一金曜日に代官山蔦屋書店で開催されているイベントが「写真を読む夜」。今回のゲストは、アート・ディレクターの中島英樹さん。写真家でこそないものの、広告デザインから写真集のデザインまで、写真にかかわる多くのデザインにたずさわり、国際的な評価を受けてきました。そんな中島さんですが、デザインには写真を良く見せる「マジック」のようなものはないと言います。写真の力とデザインの力を知り尽くしたアート・ディレクターは、どのような考えで写真のデザインに対して向き合っているのでしょうか?

山内宏泰「上野で2時間で学びなおす日本美術史」
【第4回】模様に隠されたモチーフはなに? バラエティゆたかな江戸の着物

舞楽の伝統衣装を見たあとは、江戸時代の人々が日常的に着ていた着物のコーナーへ。世の中が安定した江戸時代では、着飾る文化も盛り上がり、着物の模様はバラエティゆたか。カタカナが散りばめられた大胆な町人の着物がある一方で、お堅く思える武家の着物にも、さまざまな意匠がこらされています。アート・コンシェルジュといっしょに奥深い着物の世界をのぞいてみましょう。

東田直樹「跳びはねる思考」
【第2回】つながり

重度の自閉症を抱えながらも、社会を鋭く見つめている作家・東田直樹さんのコラムです。自閉症者によくみられる特性のひとつに、「独特の行動や言動、その反復」が挙げられます。自分の意図に反して発される言葉、「普通の人」と同じ行動ができず、ときに過剰な反応を示す身体。それらに対して注がれる周囲の視線を、東田さんはどのように受け止めているのでしょうか。

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
【 第46回】JKのスカートめくり動画に見る、ネット動画と向き合う際の大事な心構えとは

ネット動画といえば、ほのぼのしたものからエロ動画までジャンルは非常に幅広いです。ですが、どんな動画を観るときにも忘れてはいけない心構えがあるようで。最近、ネット番組に多数出演中の黒田勇樹さんが、「ネット動画を観る時に忘れてはいけないこと」を解説します。

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第二十八回・梨

まだまだ残暑ではありますが、毎年この時期「もう出てるんだ」と思わされる秋の果物「梨」。そんな梨が子どもの頃から大好物という佐藤和歌子さんが、最近ちょっと他の果物に浮気をしてしまったそう。浮気をして初めて気がつく梨への気持ち、今回はそんなお話です。

●ショートショートケイクス

残暑見舞い申し上げます。

この暑さの中、なにが「残暑」かって、立秋(8月7日)過ぎたらもう残暑見舞いになるそうですね。

世はお盆の真っ最中ですが、cakesは本日も充実の更新でお届けしております。里帰りして退屈だなあ、なんて方はこの機会にぜひcakesにご入会ください。

会員以外の方も、今cakesのiPhoneアプリをインストールすると、人気記事が無料で読めますよ。とても使いやすいアプリですのでぜひ使ってみてください。

cakes iPhoneアプリ ダウンロードページ

お盆休みも全開で働いているcakesチーム。夏休みの更新もぜひ楽しみにしていてください。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません