ブスと就活と資格

合コンに明け暮れていた学生生活であったが、就職活動のことも徐々に考え出した大学2年生の田村麻美。冷静なマーケティング戦略により、ダブルスクールを決意するが……

ブスと就活と資格

大学2年の秋。

単位は落とさなかったものの勉強そっちのけで、彼氏・合コンのことばかり考えていた。

そろそろ卒業後のことを真面目に考えなければいけない。

長かった就職氷河期から雪解けの時期になりつつはあったが、一般企業への就職はまだまだ厳しい時代であった。

ブスを自覚していた私としては、大手企業への就職は厳しいだろうな……と考えていた。

なぜなら、同じ学歴であれば、見た目がいい人をとるだろう。  
そして、就活といえばリクルートスーツ。みんな同じものを着ていたら、いっそう素材の良し悪しが際立ってしまう。

そんななか母親に言われた。

「OLにはなるな」

OLは一度会社を辞めたらもう戻れなくなる、というのが理由だった。

私には、特別なりたい職業もなかった。行きたい企業もなかった。夢もなかった。

いい男とやれればよかった。

当時は資格ブームで、同級生はこぞって大原簿記学校かTAC(資格の専門学校)へ通っていた。公認会計士、もしくは税理士講座である。

OLはダメと言われたので、「みんなが行ってるから」くらいの弱い動機で、私もTACへ通いはじめた。

文系の学部だったので、医者、薬剤師などの理系資格はもちろん除外して、弁護士、司法書士と考えたが、経済学部だし、公認会計士か税理士かな……。  
深い思考もせずの二択であった。

まず、公認会計士の講座説明会に行った。  
いまは科目ごとに受験ができるが、その当時の公認会計士は1回に数科目受験しなければならない最難関資格であった。なので、「大学にはほぼ行けませんよ。サークルなんてもってのほかですよ」と言われ、 「それは困る。私は遊びもしたいの。やりたいの」
ということで、1科目ずつ受験できる税理士試験に挑むことにした(ほんとに、なんでもよかったんである)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「使えるビジネス書!」と男性ファンが急増中!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード