わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

荒れ狂う海を鎮めるために、身投げした妻を想う【第十二代⑨】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

【前回の流れをおさらい

ヤマトタケル、東(あずま)へ向かう。
オトタチバナヒメの入水②

ヤマトタケルが相模(さがみ)から上総(かずさ)に渡ろうとしたとき、海を見渡して、
「ふん、なんだこんな小さな海は跳んで渡れそうだなあ」
と大言壮語しました。

ところが、海に出てみると、暴風が起こり、船は流されて漂い進むことができなくなってしまいました。そのとき、ヤマトタケルに従ってきていた妃(きさき)・オトタチバナヒメ(弟橘媛)は、
「ヤマトタケル様、風が起き波が荒れ船が沈みそうなのは、きっと海の神がお怒りになっているからです。卑しい私が、皇子に代わって海に入りましょう」
そう言うやいなや波間に身を投げ、海の底に沈んで行きました。すると暴風が止み海はたちまち凪ぎわたりました。船は無事対岸に着くことが出来たのです。人々はその海を馳水(はしりみず)※1と呼びました。

ヤマトタケルは上総から陸奥国(みちのくのくに)※2に入り、船で蝦夷の地に進んで行きました。
蝦夷の首領・シマツカミ(島津神)、クニツカミ(国津神)らが、竹水門(たけのみなと)※3で防ごうと屯(たむろ)していましたが、彼方のヤマトタケルの船団の勢いを見て恐れ、勝ち目がないと思い、弓矢を捨て、仰ぎ拝んで衣を濡らして海に入り、ヤマトタケルの船を押して岸に着け、服従しました。

ヤマトタケルは蝦夷の罪を許し、首領を捕虜にして従わせました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません