お肉の風味がじゃがいもに溶け込んだ最高のコロッケ

家で上手にコロッケをつくるポイントは、①肉に焦げ目をつける、②じゃがいもの水分を飛ばしておく、③コロッケが割れないように中心の温度が上がりすぎないようにする、です。

コロッケは大正時代に生まれた三大洋食の一つ。潰したじゃがいもとひき肉をあわせ、パン粉をまぶして揚げた料理で、じゃがいもを使うことで肉の量が少なくてもボリュームが出ます。材料費も安価なため、種の段階まで作って冷凍しておくと便利です。

ポイントは肉に焦げ目をつけることとじゃがいもの水分を飛ばしておくことです。そうすることでメイラード反応に由来する肉が焦げた風味をじゃがいもが吸い込んで、シンプルな材料でも最高の味になります。


コロッケ

材料(作りやすい分量)

じゃがいも…4個(400g〜450g程度)
サラダ油…小さじ1
ひき肉(合いびき肉、もしくは牛ひき肉)…150g〜180g(1パック程度)
玉ねぎ…1/2個(100g〜125g程度 みじん切りにしておく)
塩…小さじ1/2(3g)
黒胡椒…適量
薄力粉…適量
卵…1個
生パン粉…適量(ドライパン粉でも可)
揚げ油…適量


1.フライパンにサラダ油小さじ1を敷き、ひき肉を広げ強火にかける。焦げ目がついたら裏返し、弱火に落としてからみじん切りした玉ねぎを加え、2分程度炒める。火を止めて、塩、黒胡椒で味付けしておく。ひき肉が大きな固まりになっていればこのタイミングで、ほぐしておく。


2.じゃがいもは洗い、600Wのレンジで5分経ったら裏返し、計10分間加熱する。その後、布巾で包んで3〜4分ほど余熱で火を通す。(Tips 1 レンジでじゃがいもを加熱するコツ)


3.じゃがいもの皮を剥き、ボウルに入れてフォークなどで潰す。じゃがいもが温かいうちに1のひき肉を加えて混ぜる。これでコロッケの種のでき上がり。


4.丸い形に整形して、皿に並べて冷蔵庫で30分ほど冷やす。まとまらないようなら温めた牛乳(分量外)大さじ1ほどを加えてもよい。(Tips 2 コロッケを破裂させないテクニック)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

樋口直哉さんが料理の原理原則を体系的にコンパクトに解説!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naoya_foodlab 今日はコロッケ。ちょっと面倒なので買ってきたほうが楽ですが、作り方は知っておくといいかも。種を冷やしておくのが破裂させないコツです。|樋口直哉 @naoya_foodlab | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite