3クール目の抗がん剤投与、のりきるぞーい!

【第31話】
緊急入院後、急性骨髄性白血病と診断された青田チヨ子さん。2回の抗がん剤治療を受け、4か月後にやっと一時退院することができました。自宅で英気を養い、今日からまた入院生活がはじまります。

※この作品の連載経緯についてはこちらから。

※マルクとは、腰に針をさして骨髄組織をとる検査のこと。青田さんが初めてマルクを受けたときの様子はこちらから。
※ピックとは、抗がん剤や点滴をスムーズに流すために腕からカテーテルを挿入すること。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ある日、ガン患者になりました

青田チヨ子

この作品は、幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞」の受賞作です。作者の青田チヨ子さんは、闘病しながらcakesでの連載準備を進めていましたが、2019年8月、骨髄移植後に脳出血により29歳で永眠されました。ご遺族との話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pizza100kg 第31話です。 https://t.co/zPZrY3cSmR ドナーが見つかったことで、「助かった」という感情を持ちます。 治療にも少し前向きになりました。 ちなみに抗がん剤の副作用の吐気は、車酔いする人ほど大きいそうです。 2ヶ月前 replyretweetfavorite