抗がん剤治療2回目の苦しみは遅れてやってきた

【第24話】
緊急入院後に急性骨髄性白血病と診断され、1回目の抗がん剤投与後に骨髄移植をすすめられた青田チヨ子さん。骨髄移植を決意すると同時に、2回目の抗がん剤治療がスタート。1回目に比べてだいぶ楽だと感じたものの、本当の戦いはこれからでした。

※この作品の連載経緯についてはこちらから。



※迷走神経反射とは、過度のストレスや痛みなどが原因で、
脳に血がいかなくなって吐いたり失神したりすること。
青田さんが病院で初めて迷走神経反射を起こしたときの様子はこちら

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ある日、ガン患者になりました

青田チヨ子

この作品は、幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞」の受賞作です。作者の青田チヨ子さんは、闘病しながらcakesでの連載準備を進めていましたが、2019年8月、骨髄移植後に脳出血により29歳で永眠されました。ご遺族との話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pizza100kg 24 https://t.co/ZLGJQU8JxF 会いたい。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite