何回吐いても、どれだけ痛くても

【第22話】
緊急入院後に急性骨髄性白血病と診断され、1回目の抗がん剤投与後に骨髄移植をすすめられた青田チヨ子さん。悩みつつも、ひとまず2クール目の抗がん剤治療を受けるべく、「ピック」というカテーテルを入れることに。しかし、入れている途中に吐いてしまいーー。

※この作品の連載経緯についてはこちらから。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ある日、ガン患者になりました

青田チヨ子

この作品は、幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞」の受賞作です。作者の青田チヨ子さんは、闘病しながらcakesでの連載準備を進めていましたが、2019年8月、骨髄移植後に脳出血により29歳で永眠されました。ご遺族との話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hana87nico お母さんの気持ちが伝わってきて、胸がぎゅって、詰まって、胸がいっぱい。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

pizza100kg 第22話です。 https://t.co/S6IuF2VkbS 輸血、ドナー登録、本当にありがたかったです。 ありがとうございました。 2ヶ月前 replyretweetfavorite