待ち行列理論」でトラブル回避! そしてスガハルは次のステージへ

間もなくやってくる会社説明会を前に、去年起きたトラブルを気にかける人事部・津田。それを回避するために百田が提案したのが「待ち行列理論」だった。光が見えたことで、一堂がホッとしているのもつかの間、突如やってきたケバめの人物とは… 仕事も恋もプログラミングで解決! さあ、21世紀に生き残るための「必修科目」をマンガで学べ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

プログラミングこそ、21世紀の「教養科目」だ!

この連載について

初回を読む
マンガ 教養としてのプログラミング講座

タテノカズヒロ /清水亮

もの言わぬ機械とコミュニケーションする手段、それが「プログラミング」! コンピュータ全盛の今、小学校での必修化が話題になるなど、多くの人が学ぶ対象となりました。そうした社会の変化をいち早く捉え、ヒットした『教養としてのプログラミング講...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatenokazuhiro 行列を減らすにはどんな並び方をしてもらえばいいのか?→ 『教養としてのプログラミング講座』第8話 https://t.co/3D5etn8eIR #プログラミング https://t.co/XnhC77L3T8 9ヶ月前 replyretweetfavorite