人は元通りにならないようにできている

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

人は元通りにならないようにできている

 一時的にイヤな気分になったぐらいなら、生活や環境はそれほど変わりません。
 でも、うつまで進行すると、普通は回復するまでに年単位の時間がかかります。
 その間に多くの人が、休職したり、復職したり、違う会社に移ったり、同僚や家族との関係が変わったり、いろいろなことがあります。
 そういうこともあって、うつになった人の多くが「元の自分に戻りたい」「まだまだ元の自分じゃない」と言います。
 でも、そういう思いとはスッパリ縁を切ってほしいのです。
 そもそも元の自分になど、戻れるわけがありません。
 それはどんな人でも同じです。
 うつになったのが34歳だったとしますよね。治ったのが36歳で、2年かかったとします。あなたは2年分年を取っています。今のあなたと昨日のあなたと去年のあなたは違いますよね。うつになろうがなるまいが、違うのです。
 2時間前はお腹が空いていたかもしれないけれど、今はお腹がいっぱい。それと一緒で、元通りにはなりません。
 うつになって、今の自分は前の自分よりも劣っているという考えがあるから「戻りたい」という言葉が出るのだと思いますが、それはまったく違います。逆に、うつになったからこそわかることもあります。
 うつになるということは、自分の弱さを受け止められるようになったということでもあり、それが強みになっていくのです。人の弱さや失敗も受け止められるようになり、人を思いやれる人になって、人間性がどんどん深まっていくということなのです。
 人の落ち込みにはそれだけの可能性があります。落ち込みは自分を育てる力を持っている変化であり、時期なのです。
  だから、元に戻るなんて言わないこと。
「ごめんね、成長しちゃって」と、笑って言えるぐらいになってください。

凹んだときこそひらめきを摑むチャンス

 成長というのは、意外に「落ち込んだところ」から始まるものです。それはうつもそうだし、そこまで深刻ではないイヤな気分でも同じです。
 上司から何か言われて「うわっ、凹んだ。ラッキー、ここから何を得てやろうかな」というふうに思えたら、そこからどんどん成長できます。
「あなたがあんなことを言ってくれたから、すごく腹が立って落ち込んでいるけど、おかげさまで勉強できるわ。絶対いいものを摑み取ってやる」というふうに、自分のプラスにしていくことができるのです。
 何かがあった直後にそうなるのは、なかなか難しいです。ポジティブなひらめきを得るには、自分と向き合って5日間ぐらい待つつもりでいることです。
 パッとできるようになるのは仙人クラスの人ですが、仙人になるにはやはり修行をしないといけないのです。
 その修行は、まずは起きたことを受け止めて、「このあと絶対に悟れる。ラッキー、ありがとね」と思うことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai カウンセリングに通うほど落ち込んだ経験の後、「いいやつになった。以前は失敗知らずの嫌な雰囲気があった。」と言われたことがあったな。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar よいな 「神は乗り越えられない試練は与えない」って考えとは違うと思うし、そもそもその考えは好きじゃないし あ、本文とは関係ありません https://t.co/4uHf78LE0U 約1ヶ月前 replyretweetfavorite