H S C って遺伝なの?

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

H S C って遺伝なの?

 HSCやHSPは遺伝的なものだといわれています。しかし、HSPではない親御さんのところにHSCの子が生まれることもあります。
 親子共にHSPであっても、敏感さのあらわれ方はまったく違ったりもします。
 つまり、遺伝ですべてを説明できるというものではなさそうだということがわかります。 これをどう解釈したらいいか。
 遺伝か環境かの橋渡しをするのが、エピジェネティクスと呼ばれる遺伝子発現を制御・伝達する遺伝情報システムです。人間は 60 兆個もの細胞から成り立っており、その細胞は、酵素と呼ばれる高分子蛋白質の働きで機能が維持されています。その蛋白質を作る設計図がDNA配列にコードされているのが遺伝子です。2万個以上の遺伝子のさまざまな組み合わせで蛋白質が合成されるのですが、どの遺伝子を発現させるかのメカニズムが あります。遺伝子のDNA配列に変化がなくても、その発現のされ方が環境の刺激で変化 し、世代間を伝わることがわかっています。
 たとえば、一卵性双生児の場合、本当に瓜ふたつ、そっくりで生まれてきますが、成長の過程でどこか少しずつ違った容姿や性格になっていきます。これは生育環境の中で、どんな遺伝子が発現したか、スイッチの入り方が違っていくからだというわけです。
 このような後天的な遺伝子の発現を調整している仕組み、遺伝子のスイッチをオンにしたりオフにしたりする仕組みや学問のことを「エピジェネティクス」といいます。
 これに基づけば、健康によい遺伝子を持っていても、そのスイッチがオンにならなければ健康にはならない、また、深刻な病気を招くような悪い遺伝子を持っていたとしても、 そのスイッチがオンにならなければ病気にならない、すなわち病気を心配するには及ばないということになります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません