メディアの新序列

デジタル版「サブスク」ランキング 世界の新序列で日経は3位?

【テクノロジー格差】
デジタルシフトで先行する「日本経済新聞」は、世界のメディアの新序列を示すデジタル版サブスクリプションランキングで実質3位に入る。その戦略からデジタル成功の鍵を探ろう。

 多くの速報記者を抱える日本経済新聞社の関連会社、日経QUICKニュース社(NQN)は近く、記者を人工知能(AI)に置き換えることになるかもしれない。

 すでに「日経電子版」では2017年から、AIが全上場企業の決算を発表直後に自動で速報するサービスがスタートしており、NQNが配信している経済指標や相場関連の速報記事もAI化できるとの議論が一部で進んでいるというのだ。

 メディアによるAI導入は世界的にも急加速している。

 例えば、米「ワシントン・ポスト」はAIエンジンを自社開発し、選挙記事やスポーツ記事を自動執筆しているし、14年に「AI記者」を導入した米AP通信では決算記事の出稿量が10倍超に急増。17年には、AIの画像認識技術を活用した奴隷漁業の報道でピュリツァー賞まで受賞した。

 日経が経済指標や相場の記事にまでAI化の仕組みを拡大すれば、業界内でAI記者の流れはさらに加速するだろう。そもそも日経は1970年代に世界で初めて新聞作りにコンピューターを導入するなど、もともとテクノロジーを重視する土台のある会社だ。

 外注していた電子版アプリの開発でも、より柔軟な対応をするために14年にいち早く「内製化」に踏み切った。

 内製化に当たってはテック、デジタル人材にも惜しみなく投資した。UI(ユーザーインターフェース)コンサルタントに多くの有名企業のウェブサービスやアプリを改善してきたザ・ギルド代表の深津貴之氏、技術顧問にニフティやはてな、グリーで活躍したエンジニアの伊藤直也氏を迎え入れるという、何とも豪華な布陣で開発に臨んだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/27号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-22

この連載について

初回を読む
メディアの新序列

週刊ダイヤモンド

混迷の度を強めるメディア業界は、テクノロジーの劇的な進化によってさらなる変革の波にのまれており、これから数年で業界の序列は大きく変わる可能性が高い。新序列を決めるのは「財務」「テクノロジー」「人事」「待遇」という4つの格差だ。勝ち残る...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード