誰のための命

末期がんという今回の相談者。現状を受け入れることができない夫から、いじめられているような思いまで抱いているそうです。患者本人の意思が尊重されない「闘病」について、幡野広志さんはどう感じているのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さんより多分先に逝く末期がんです。半年前に余命宣告されました。 まだ動けますがそれでも身体が弱っていってきているのを自覚しています。

主人は現状に納得していません。治験サイトや新薬を調べ、医者に確認し、5つのセカンドオピニオンを受けました。主人が納得するならと一緒に受けましたが、その度に現実を確認することになり、正直悲しくてなりません。

介護保険や緩和ケア終末期の話をすると諦めているのかと怒ります。 なので一人で病院を探し手続きを取りました。沈静の話などすると怒り狂うと思います。変な民間療法を持ってこないだけましですが。

とても仲が良い夫婦だったので、受け入れられないのは解りますが、次のセカンドオピニオン候補を探す主人を見ていると、もしかして私はいじめられているのではないのかと思うこともあります。

残った時間、私は主人にどう接していけば良いのかわかりません。

(ばってんが荒川 女性)

セカンドオピニオンって5回行けば、フィフスオピニオンになるんじゃないかな。

6回目はシックススゥオピニオンです、舌を噛んで発音する日本人には苦手なあれです。10回目のオピニオンまではスゥの発音がしにくいけど、11回目にはイレブンオピニオンになるから発音はしやすくなります。

でもそのころにはあなたの心は折れているでしょうね、きっと舌も痛くなってます。ぼくもセカンドオピニオンはうけましたが、あくまでファーストオピニンオンの見立てや治療方針が第三者の医師からみて適切かどうか意見を聞くためです。

あなたの旦那さんは事実に納得していなくて、自分にとって都合のいい、耳ざわりのいいことをいってくれる医者を探しているんでしょうが、その度に現実をつけつけられるあなたの心情を考えると、本当に胸が痛くなります。

旦那さんは「うちなら治せますよ。」という言葉を探し周っているのでしょうが、いずれ治療効果のないインチキ医療に引っかかる典型的なパターンだとおもいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自分の人生を生きろ

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaz_dancing 病気の家族との向き合い方は、生きている間の関係性がたいせつ。指揮官はあくまで患者。ズタボロの敗北なんてしたくないな。 https://t.co/76Zvv2Bt4F 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

3839Ay 「闘病」という言葉があります。たしかに便宜上つかいやすいし、この言葉を支えにして戦闘中の方もいるので、あまりいいたくはないのですが、闘いにされてしまうと、勝つか負けるかのどちらかになってしまうような気がして好きじゃないんです。 https://t.co/qDqeqPHNRB 2ヶ月前 replyretweetfavorite

charimasa なんてまっすぐなのだろう。愛があるのだろう。大きな存在に包まれているようなそんな気持ちに読みながらなった。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 "努力すれば夢が叶うなんて言葉も嫌いだし、弱いからこそ勝てないことを知っているんです" 良かれと思って、が裏目に出るケース。 闘え!と強制される辛さ。 https://t.co/YQp8mYh8Mf 3ヶ月前 replyretweetfavorite