捨て本

借金は悪いことではない。

ホリエモンがこれまで、何を捨て、その先に残った、本当に大切なモノとは?自身の半生を振り返った経験を元に指南する、“持たない頼らない執着しない” 新時代の「捨てる」生き方入門。堀江貴文の新著『捨て本』をcakesで特別連載!

<お金か時間か>
時間をショートカット するためには 「借金」だって 立派な手段。

僕の少年時代の話に戻る。
 プログラミングに熱中していた中学時代、自分で移植したゲームのフロッピーディスクを、専門誌に投稿したら、掲載料をもらったことがある。金額は1万円。源泉徴収されて9000円だ。僕の人生最初のプログラミング報酬だった。

 プログラミングスキルが上がってくると、さらに性能のいいパソコンが欲しくなる。
 大事にしていたMSXパソコンは、1年ほどで売ってしまった。
 新しく買いたかったのはNEC「PC‐88SR」だ。しかし本機は数十万円もする。高額で、とても手が届かなかった。
 そこに廉価版の「PC‐88FR」が発売された。ダメもとで親に相談してみると、意外にも「いいだろう」という返事だった。
 ただし「お前にパソコンを買うお金を貸す。そのお金は、新聞配達のバイトで返しなさい」ということだった。
 重労働な割に賃金が見合わない、新聞配達なんかしたくなかった。けれど福岡の田舎の中学生ができるバイトは、残念ながら新聞配達ぐらいしかなかった。
 親に金を貸してやると言われてから、僕は毎日こつこつ新聞配達を続けた。
 早朝5時に起きて自転車で100軒以上の家を回るのは、ものすごく大変だった。
 でも新しいパソコンのために、頑張った。
 念願の「PC‐88FR」を買って、親には数カ月で借金を返済することができた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
捨て本

堀江貴文

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。 大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。 だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

idumi61 十代・二十代で成功している人は小・中学校でお金を稼いでいる。大好きなショールームの前田さんも小学生から稼いでいた。すごい。 https://t.co/nFxPIt3foY 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 新しいパソコンのエピソードは借金は悪いことではないと教えてくれます。 |堀江貴文 @takapon_jp | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Instagram_miii わかる。財布がすっからかんになるような高いゲームを買ってyoutubeで実況動画作って流したら15000人が見てた@ウチの次男、 みたいなもん。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "お金を返せなかったらどうしよう……大方の人は迷うはずだ。 でも、 やりたいことを先延ばしにする時間の浪費の方が、もったいない..." https://t.co/ZxgBEq3eUe https://t.co/d4LlwQskwp #drip_app 約2ヶ月前 replyretweetfavorite