捨て本

他人のせいにすること。それは自信のなさのあらわれだ。

ホリエモンがこれまで、何を捨て、その先に残った、本当に大切なモノとは?自身の半生を振り返った経験を元に指南する、“持たない頼らない執着しない” 新時代の「捨てる」生き方入門。堀江貴文の新著『捨て本』をcakesで特別連載!

<誰かのせい>
自己否定の連続こそが強いアイデンティティを 育てる。
他人のせいにしても、あなたの未来は開けない。

 本音を述べるのは大事だが、客観的な視点は、捨ててはいけない。
 自分のいまの意見は、客観的に見て、おかしくはないだろうか? ただ独善的で、ダメなところから逃げようとしているだけじゃないのか? 冷静な検証は必要だ。
「言いたいことばかり言って、結局空っぽだ」と周囲に思われてしまったら、なかなか味方はできない。

 僕から見て、特に多いと感じるのは、すべてを他人のせいにするタイプだ。
 身の回りの都合の悪いことを、他人のせいにして、自分のポジションを高く見せたり、正当化を図ろうとする。
 他人のせいにすること。それは自信のなさのあらわれだ。
 自覚できないのには、困ったものだ。

 少し前にある女性と話した。
 彼女は以前、オーストラリアに留学していたという。仲良くなった現地の人、または別の国から来た人たちと話していると、それぞれ自分の母国を、とても誇らしく、自慢げに語るらしい。
 彼女は、とても悔しく、惨めな気持ちになるのだとか。
「私たち日本人は、いまの日本を誇らしく感じられません。ぜんぜん好きになれないし、外国に向けて自慢して語れないんです。堀江さん、どうしてなのでしょうか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

捨て本

堀江貴文
徳間書店
2019-07-30

この連載について

初回を読む
捨て本

堀江貴文

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。 大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。 だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 "どんな苦境も自分のせいにするべきだ" https://t.co/XK9ivyhKIh 3ヶ月前 replyretweetfavorite

renchild8 わかるなぁ https://t.co/DRohzTrbC0 3ヶ月前 replyretweetfavorite

akanek1011 「日本が云々じゃなく、あなたは自分に、自信がないんですよ。 自分の弱さとか考えの足りなさを、日本のダメさにすり替えて、自己評価に向き合うことから逃げてるだけでしょ。」 https://t.co/LyBoidH3m4 3ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 先ずは下らない自分のプライドを捨てようと思える話です。 3ヶ月前 replyretweetfavorite