玉ねぎ酵素の力で、ふんわりピーマンの肉詰め

今回のテーマはおなじみ「ピーマンの肉詰め」。通常はピーマンを縦に切りますが、横に切ることで肉が剥がれにくなり、より香ばしく仕上がります。また、肉ダネをふっくら仕上げることで、ピーマンと肉の一体感が強まります。おいしいのでぜひお試しください!

ご飯が進む甘辛味にしたピーマンの肉詰めの作り方です。ピーマンに肉や魚を詰めた料理はあらゆる国でつくられています。栄養摂取だけが目的であれば別々に食べても同じですが、世界中で同じような料理が生まれた訳は「野菜の空洞になにかを詰める」という行為に、クリエイティブな楽しさがあるからでしょう。現代は時短、簡単な料理がもてはやされますが、料理の本当の楽しさはこうした手間にあるのです。

ふんわりとした食感に仕上げるための工夫が「生の玉ねぎ」です。玉ねぎに含まれる酵素の働きで肉の結着が弱まることで、パン粉や卵などを使わなくてもおいしくできます。


ピーマンの肉詰め

材料

ピーマン 1パック(5〜6個)
小麦粉  大さじ1(薄力粉)
合挽肉  250g前後
玉ねぎ  1/2個(100g みじん切りにしておく)
醤油   大さじ1
砂糖   小さじ1
ごま油  小さじ1

醤油   大さじ2
みりん  大さじ2
酒    大さじ2
砂糖   大さじ1


1.肉ダネをつくる。ひき肉をボウルに入れ、醤油大さじ1、砂糖小さじ1を加えて軽く混ぜ、みじん切りにした玉ねぎを加えてさらに混ぜる。玉ねぎが肉のなかに入ったら、ラップをかけて冷蔵庫で15分間(冬場なら常温で15分間)置く。(Tips 1 ピーマンの肉詰めはシュウマイと同じ)


2.ピーマンは2cm幅の輪切りにし、ヘタと種を指で押してとりのぞく。種が多少、残っても味には影響なし。ビニール袋にピーマンを入れ、小麦粉大さじ1をまぶす(ボウルにピーマンを入れて、小麦粉を振りかけてもよい)。(Tips2 ピーマンは横に切る)


3.テーブルナイフなどを使い、両側から押し込むようにして、ピーマンに肉を詰める。先端部分や枝付きの部分には肉ダネをのせるようにするとよい。


4.フライパンにごま油小さじ1を敷き、3のピーマンを並べ(端の部分は肉が下になるように)中火にかける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

樋口直哉さんが料理の原理原則を体系的にコンパクトに解説!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mougyu_dasen @ruu_embo 樋口さん@naoya_foodlab のこちらのレシピです~!https://t.co/ecyXb5Pzdb 実は、ピーマンの肉詰め苦手だったのですが、こちらのレシピはめちゃめちゃおいしかったです! 13日前 replyretweetfavorite

neu72live ピーマンが肉厚な時期というものを知りましたねー 17日前 replyretweetfavorite

setsuson 樋口さんのレシピで作ってみた。甘辛さと肉の旨味、ピーマンの爽や… https://t.co/gDvdwJOkr4 27日前 replyretweetfavorite

nama_nan 樋口直哉さんが公開している「ふんわりピーマンの肉詰め」のレシピを、昨夜ツッマにSkypeで送ったつもりが、うっかりパパン(齢83)に送っていたらしく、今日、パパンから「ふんわりピーマンの肉詰め」の写真が送られてきた・・・・。 https://t.co/tqaQfOgnnk 約1ヶ月前 replyretweetfavorite